読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはきっと幻じゃない

私の私による私のためのブログ

私は松松担ではありません

ジャニーズ 私の話

私は松松担ではありません。松倉担です。
松倉くんは担当で元太くんは担当ではありません。
2016年のSHOCKは6回行きました。滝沢歌舞伎は行っていません。*1
別々のステージに出演することになったらやっぱり松倉くんを優先します。


きっとみんなそうだと思う。「松松が好き」って言ってたって松倉担なら松倉くんを、元太担なら元太くんをより好きなんだと思う。
その前に松倉担、元太担が松松が好きであるとも限らない。好きである必要もない。
松倉担、元太担ともに「松松が好き」っていう人が多いのが私の印象だし、松松の魅力っていうのをアンケートでとったときもブログやツイートで自担命のJr.担にコンビとして、シンメとして好きにならせるコンビ力というかシンメ力がすごく素敵だな~っていうのを書いた。けど松倉担、元太担全員が「松松を好き」なわけじゃない。

私がよくツイートとかで書く「松松担」っていうのは、私の中では松倉担と元太担を合わせて「松松担」っていうことなので、「松松を担当としている」というわけではない。


「松松が担当です」っていうのが別に悪いわけでもないし、ヲタクなんて趣味なんだから人に迷惑をかけなければ何が悪いとかないと思うんだけど、両方同じだけ好きってすごく難しいというか、あんまりないと思うんだよね。
ステーキとイチゴタルトの優劣ってつけづらいけど、イチゴタルトとチョコレートケーキどっちが好きかっていうの決められるんじゃないかなーと思う。私はどっちも好きだけど、チョコレートケーキを今日食べて、イチゴタルトは明日のお楽しみにとっておくと思う。どっちも好きだけど、やっぱりイチゴタルトのほうが好き。


私は松倉担としてもちろん松松でのステージは大好きだし、松倉くんがSHOCKに出るまでは同じステージでパフォーマンスする松松が当たり前だと思っていた。でも松松としてたつステージじゃなくても素敵なものは素敵だし、好きなものは好きなんだよね。SHOCKはもちろんだし、滝沢歌舞伎は観に行けてないけど歌舞伎のメンバーでバックについた少クラのステージだって好きだもん。2人でステージに立つことが多かったときだって、少クラの松倉くんだけが出てたsummer nude好きだったし、元太くんだけが出てたparty don't stopだって好きだった。松松としてのステージはもちろん好きだけど、別のJr.とのステージだって好きなものは好きだ。


もちろん松松でこれから頑張っていってほしいし、頑張る松松を応援したいし、一緒にデビューしてほしい。でも松倉くんのシンメは絶対に元太くんである必要はないし、元太くんのシンメは絶対に松倉くんである必要もないと思う。








夏の現場のお知らせのメールがきた。「自分には関係がないんだろうな」ってぼーっとしながらメールをみた。
〔Mr.KING〕
〔HiHi JET〕
〔Classmate J〕
ほらやっぱり関係ないじゃん。今年はユニット推しだから私には関係ないじゃん。ユニットにはいってないとダメなんでしょ?知ってるよ。






〔天才Genius〕本高克樹・村木亮太・菅田琳寧 松田元太・松倉海斗





松田元太・松倉海斗

この並びだって思った。


あーこの並びだよ!

松松は天才にはいったの?とか、琳寧と元太くんの間に・がないとかそういうことじゃなくて、松倉くんのシンメが元太くんである必要とか、元太くんのシンメが松倉くんである必要とかそんなことどうでもよくて「この並びだ」って思った。

堂本光一からはじまる名前の並びにあった松倉海斗
滝沢秀明からはじまる名前の並びにあった松田元
どっちだって大好きだし嬉しかった。

でもやっぱり松田元太・松倉海斗この並びだな~って思った。

嬉しいとか、落ち着くとかそういう表現よりも「この並びだ」っていう表現がしっくりくるかなと思う。



ずっと隣にいなくてもいいし、ずっとシンメじゃなくたっていい。
Jr.だからこそいろんな人と踊ってほしいしお仕事をしてほしい。

でも、定期的に松田元太・松倉海斗の並びをみせてほしい。そう思いました。




松倉担とか松田担とか松松担とかそれ以外のJr.の担当とか担当はいないとか掛け持ちとかデビュー組の担当だとかそんなことはどうでもいい。松松が好きなみなさん!一緒に夏を楽しみましょう!








*1:滝沢歌舞伎だって行きたかったよ。行けなかったけど。あと、ちなみに松倉くんが出演するステージに関しては「担当だから行かなくては」という気持ちでは行きません。観たいから行きます。行きたいから行きます。私のなかでヲタクはmustでするものではなくwantでするものです。まあ、行きたいと思っていても行けないものもたくさんあるんですけどね。