読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはきっと幻じゃない

私の私による私のためのブログ

本屋さんに行ってきました

関係ない話

美容院に行ってきました。
ここでこの記事はジャニーズ的要素少なめでお送りすることをお伝えしておきます。あらかじめご了承ください。



約半年ぶりに美容院に行ってきた。
髪色が明るかったときは基本3カ月ペースで行ってたが黒に染めてもらって、根元から地毛が生えても目立たなかったので美容院ずっとさぼっていた。悲しいかな、髪の毛の量も全然増えないから行く必要がないんだよね。コッシ―のハゲネタ全然イジれない。就活に向けてまた黒に染めてもらいました。黒髪嫌いじゃないんだけど髪色を明るくしたい。ブリーチしたい。ふうまろちゃんみたいな髪色にしたい。


美容院の後に本屋さんに行ってきました。
紀伊国屋新宿本店に行ってきました。

私、最近読書ブームが再来していて2016年の目標っていう記事にも本をたくさん読むって書いたけど最近はずっと大学の図書館で借りた本を読んでいた。図書館だったらタダだし、返却期限っていうものがあるからこの日までに読まないとっていう目標ができて読めていたんだと思う。ちなみに前は兄から借りてた。ほら、借りるのならタダだし。
(2016年の目標の記事はこちら)
miyujcon.hatenablog.com

でも、なんか本を手元に置いておきたくて、これから少しずつ本を買うことにしようと思った。おもしろい本に出会ってまた読みたいとか人にオススメしたいときに本が手元にないのってもったいないというかなんだか嫌だな~と思って。今はドル誌がいっぱいの本棚で小説は多分10冊もないんだけどこれから小説がいっぱいの本棚にしたいな。

だから紀伊国屋新宿本店に行ってきた。前に紀伊国屋新宿本店に行ったときに「QUOカード使えます」っていうのを見て大学のオープンキャンパスに出たときに大学からもらったQUOカードの存在を思い出した。なぜか財布に入ってなくてその時は使えなかったんだけど、家で必死に探したら3000円分のQUOカードが出てきた。これで本を買おうと思い今日紀伊国屋新宿本店に向かった。

購入した本はこちら
f:id:miyujcon:20160125185543p:plain


何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

まずは朝井リョウさんの『何者』
これは大学の図書館で借りて1回読んだことがあるんだけど、とにかく面白くて手元に置いておきたいという理由で購入。タイプライターズという番組をきっかけに『武道館』を読み朝井さんにはまった私は、大学の図書館で手当たり次第に朝井さんの本を借りた。その中で『何者』が一番印象に残っていて、友達にも朝井さんの本面白いから読んで!ってオススメするなら『何者』を勧めると思う。また読み返したい。から購入した。





そして朝井リョウさんの『時をかけるゆとり』
朝井さんのエッセイ集。これは私が『武道館』読み終えたときにツイートした↓
このツイートに対しフォロワーさんがオススメしてくれた本。読みたい読みたいと思ってのだが大学の図書館になくて読めていなかったので今回購入。
(ちなみに大学の図書館に置いてある朝井さんの本は全部読んだ)






そして加藤シゲアキさんの『ピンクとグレー』
前々からシゲの作品は読みたいと思ってたんだけど買うきっかけになったのは松倉くん。「最近のマイブームは読書」「ピンクとグレーを読んでる」「芸能界が舞台の作品だから親近感が湧いておもしろい!」なんで雑誌で話されたらもう買うしかないでしょ?ということで購入。私には松倉海斗を超える宣伝なんてないからね。CMに起用してください。映画も公開したし、原作を読んで、映画のレンタルが始まったらTSUTAYA DISCASでDVD借りてお家でゆっくり観よう。




そして七月隆文さんの『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
これは雑誌で颯くんが話していた本。そして、なんか私のお友達にも何人か読んだ人がいるみたいで気になったので購入。紀伊国屋新宿本店の売り上げランキングみたいなのも2位か3位だった。これも実写化するみたいだね。読むの楽しみ。





そしてブックカバーを購入。大学1年生のときに買ったやつがどこかにあるんだけど、好みが変わって今はあまり使いたくないので新しいのを購入。なんか本革らしい。本革だから何なのって話だけど長く使えそうでシンプルだから購入。入れているのは大学で借りた伊坂幸太郎さんの『死神の精度』。ちなみにこの前久々に帰ってきた兄に聞いたら兄が持ってて家にあるらしいから借りる必要なかった。




そして下に隠しきれなかった

ダンスク先輩。いや、自担は載ってないんですよ。自担が載ってないのにこういうお値段の高い雑誌を買うのは貧乏クソ学生ヲタクとしてどうかと思うんだけど、ふぉ~ゆ~ちゃんのかっこよさに我慢できずに購入。あ~かっこいい。まあすのの徹底解剖ちょうどダテ様だしいいとするか(?)小説がいっぱいの本棚に出来るかもしれないけどきっとドル誌がいっぱいの本棚も卒業できない。





この5冊+ブックカバーを購入して、電車に乗り最寄駅に到着。
改札近くで何やら揉めていて女の人が大声で怒鳴っているのチラ見しながら改札を通過し、最寄り駅にある本屋さんにいって朝井リョウさんの『世にも奇妙な君物語』と又吉直樹さんの『火花』の前を何度か往復して「とりあえず今日買ったやつ全部読んだら考えよう」と思い、自転車に乗り家に帰りこのブログを書いている途中で気づいた。









Myojo買ってない。