読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはきっと幻じゃない

私の私による私のためのブログ

大空が美しいそれはきっとそうさ

5月18日、Jr担であり高校の同級生の友人2人と飲んでいた。たくさんJrのことを話した。その中で私は「松倉くんには舞台に出てほしい。ジャニワでてるけどそうじゃなくて…」「舞台に出ればダンスと向き合えると思う」「SHOCKがいい」と松倉くんに舞台に出てほしい思いを語っていた。
翌日5月19日、博多座のホームページのフライング発表により、松倉くんのSHOCK出演を知る。






(興奮しているツイートの中から抜粋)
本当にうれしかった。言霊って本当にあるのかな。(それはセク松ジャニカジのときにも思った)場所が梅田だろうと博多だろうとシンガポールだろうと見に行かなくてはと思った。

はやく公式発表されないかな。はやく松倉くんの心情が聞きたいな。と思っていたので、ジャニカジではじめてSHOCKについて話しているのを読んだときはとても嬉しかった。松倉くんのSHOCKへの想いをひとつ残らず聞きたい。私は誰のためでもなく私のために松倉くんのEndless SHOCK初出演に関しての発言をまとめることにした。



岸優太くんへ
このあいだ『~SHOCK』を観させていただきました。すごくカッコよかったです。『お兄ちゃん、ガチャ』のときもそうだったけど、岸くんの仕事に対する姿勢、とても尊敬しています。
(松倉海斗)
WiNK UP 4月号)

SHOCKを2回見学した松倉くんの岸くんに対する伝言板。まさかこのときは自分がSHOCKに出るなんて思いもしなかったんだろうな。



「SHOCK」に出てから岸くんのダンスもすごく変わったと思う。僕もああいうダンスをやりたいし、すごくマネしたいなって思ってる。
(月刊TVnavi)

最近、寝るまえに柔軟をやってるよ。まえもやってた時期があるんだけど、三日坊主で有名な松倉だから(笑)。再開した理由は岸優太くん。『~SHOCK』のあと、岸くんのダンスがめちゃめちゃ上達してたの。きっと『~SHOCK』で努力したんだろうな…っていうのが伝わってきて"自分も努力しなきゃ!"ってやる気に火がついたんだ。
WiNK UP 7月号)


この2つは博多座ホームページのフライング発表からSHOCK公式発表までの期間に発売された雑誌。2月3月に行われたSHOCK東京公演の話を5、6月発売の雑誌で2回も話している。このときわたしのTLは「松倉くんSHOCK決まった後のインタビューじゃない?」でいっぱいだった。東京公演には岸優太くんを含め4人のジュニアが出ていたわけだがその中でも岸くん注目している。松倉くんも岸くんもSexy Zoneのバックとして活躍することが多くSHOCKに出演した4人のジュニアの中で一番接する機会が多いのが岸くんだ。岸くんがSHOCKで成長したことを感じるのは、やっぱり近くでそのパフォーマンスを見ているからだろう。
また、梅田、博多公演は諸星くん、野澤くん、孝良くんの東京に出演していた3人と松倉くんで出演する。どのような構成になるかははじまるまでわからないが「コウちゃんおかえり」は松倉くんに言わせてくれるかな~なんて考えている私としては岸くんに注目している松倉くんの話を聞くことが出来てとても嬉しかった。また岸くんが成長してるから"自分も"、"僕も"っていう言葉が聞けてとても嬉しかった。




(最近いちいばん喜んだことは?)「SHOCK」の出演が決まったとき
(女性自身 ジャニカジ)

9月に「SHOCK」に出演することが決まって、すごくうれしかったんですが、実は僕、すごく悩み性で、ステージでの出番が減ったり、Jr.のなかでの立ち位置が下がったりしただけで悩んじゃうんです。「SHOCK」はすごく厳しい舞台だと聞いているので、たぶん2日に1回はなくと思います(笑)負けず嫌いの泣き虫でもあるので。泣きそうになったら、聡に電話するから、よろしくな!(と、隣の聡くんに話しかける)
(女性自身 ジャニカジ)

舞台「Endless SHOCK」大阪・博多公演への出演が決まりました。うれしいですが、初めてなので不安もあります。人一倍努力して、大舞台に挑みたいと思います。
(読売中高生新聞 ジャニーズJr.の小箱)


松倉くんにとってSHOCK出演は嬉しいことであると同時に不安なことであることがわかる。踏み込むのは未知の世界だし、いつも一緒に踊ってる仲間は違うステージだもんね。でも松倉くんなら大丈夫!松倉くんだから大丈夫!と私は思ってます。


秋には舞台"SHOCK"の出演が決まって、もう既に緊張してる(笑)。でも、歴史ある大舞台を乗り越えて、一皮向けた松倉海斗になってみせるから楽しみにして!
ザテレビジョンzoom!! vol.21)

こういうファン向けの言葉うれしいよね♡楽しみにしてるよ!松倉くん!


(近況メモ)『~SHOCK』に向けて体力作りをしてるよ。1ヶ月で70㎞走ろうって決めて、1日9kmくらい走ってるんだ!
(ポポロ9月号)

松倉くん、岸くんのSHOCKについて触れているインタビューでストレッチをはじめたって言ってたけどあれは続いてるの?



(近況)『~SHOCK』の稽古は8月からってことで、今は比較的のんびりしてる。でも周りのジュニアはみんな、『ガムシャラ』や『Summer Paradise』のリハとかやってるじゃない?遊び相手がいな~い!オレ、ひとりじゃ遊べない人間だから、これは大問題だよ。今日もホントは休みだったんだけど、こうやって取材が入ってラッキーって感じ。だから最近は予習のため、家で『~SHOCK』のDVDを見たりしてるよ。
WiNk UP 9月号)

予習のためDVD見てるのか!!私も友達から借りたDVDを毎日狂ったように見て予習してます。


舞台『SHOCK』に出ることが決まってから、毎日体幹トレーニングと筋トレと柔軟をやってる。ランニングは週に1回ペース。8月からはみっちり稽古に入る予定なんだけどさ。こないだ半澤くんが「がんばれよ」ってネックレスをプレゼントしてくれたんだよね。「キツくなったらこれを見て、Jrの仲間がみんな応援してることを思い出して」って。聡や神宮寺(勇太)も「いつでも電話しておいで」って言ってくれたし、オレもがんばるよ!
(duet 9月号)

お!柔軟!続いてるんだね!週一で走ってるのか。それがもし9kmだとしたら1ヶ月で36kmだよ。1ヶ月で70km走るんだったら週一だと17.5kmだよ?(厳しいババアでごめんな)
兄さん彼氏かよ。でもイケメンかよ。周りの仲間たちも応援してくれてるんだよ~松倉くんのこと支えてくれる人はたくさんいるんだからね!わたしたちファンの存在も松倉くんの支えになってるといいな。


まつくり(松倉海斗)へ
『~SHOCK』出るって聞きました。大変だと思います。だけど、いろんな先輩からたくさんのことを学べるのは間違いないので、そこで学んで自分のものにして帰ってくることを楽しみに待ってます。
(岸優太)
WiNK UP 9月号)

やっぱり経験者の言葉は響くよなーと思った。松倉くんちゃんと伝言板読んでるかな?わたしも松倉くんがたくさんのことを学んで一回りも二回りも大きくなって帰ってくることを楽しみに待ってます。





以下の5つはPOTATO 9月号のふぉ~ゆ~&野澤祐樹&諸星翔希&松倉海斗&岸孝良の対談からの抜粋したもの。
まずこの対談が嬉しかった。あぁ、ありがとうPOTATO!やるなPOTATO!いつもWUが好きとか言いってごめんな。
カンパニーって感じがして!普段だったら関われないふぉ~ゆ~兄さんたちとの対談が聞けて!あぁ松倉くんってSHOCKに出るんだな~と思った。
いつか光一さんや内くんが松倉くんについて話してくれるのを首をながくして待ってます!

辰巳:今日は『~SHOCK』初参加の松倉くんをイジろうの会で(笑)
松倉:ありがとうございますっ!
福田:これを機に松崎くんをイジれるようになれば、もう大丈夫。
越岡:そうだね。それで『~SHOCK』は乗り越えたようなもん!
辰巳:しかも、それ簡単だから。
野澤・諸星・岸:(笑)
辰巳:マツ(松崎)なんか松倉くんを前から意識してたもんね。同じSexy Showのメンバーとして。
諸星:あれ?メンバーでした?
松崎:本当はね。でもギリギリで落ちたんだよ。普通、ジャニーズの"松"って言ったらオレだもんね?
松倉:…そうっすね。
辰巳:じゃ、松倉くんも同じ"松"として松崎を意識してたってこと?
松倉:…ま、意識してました。(越岡に耳打ちされ)あ、してません!
全員:(爆笑)
福田:たぶん松倉くんは(堂本)光一くんにかわいがられると思うな。

でました!ザキさんとセク松ちゃんの謎の関係性(笑)
(ちなみにPOTATOさん!Sexy ShowじゃなくてSexy 松だからな)(あくまでも私の中では)(そこ厳しいからな)
福ちゃんの「たぶん松倉くんは光一くんにかわいがられると思うな」発言に1000回は頷いた。ふぉ~ゆ~兄さんたちもたーくさん可愛がってあげてください!


福田:ちなみに松倉くんは『~SHOCK』は見たことあるの?
松倉:今年、2回見ました。DVDも買って、見てべんきょうしてるんですけど、自分がこの舞台にでると思うと興奮して眠れなくなってます。
福田:お~。睡眠時間どれくらい?
松倉:7時間半くらいです。
辰巳:結構、寝てるな!(笑)
全員:(爆笑)

わたしも博多座のフライング発表で知ったときは本当に興奮してバイトしてる場合じゃなかった
(バイトの直前に知る)(バイトしたよちゃんと)
わたしも7時間半寝ようっと


松倉:僕から質問していいですか。体力以外に精神的にはどうですか?
福田・越岡・辰巳:……まぁ。
諸星:急にトーンダウン(笑)
松倉:え、え、なんですか!?
福田:ヘンな意味じゃなくて、やっぱりいろいろ感じるし考えたりするんだよ。オレたちも最初に出させてもらったときは4人で話したからね。

ふぉ~ゆ~兄さんたちに積極的に質問してるところに感動したよ。
分からないことはなんでも聞こうね!みんな優しいからね!


福田:松倉くん、最初が地方公演っていいかも。距離が縮まるから。
辰巳:そうだね。絆が深まるっていうか、家族みたいな感じになる。
松倉:それはうれしいです!

約2か月ママと離れて生活するなんて…と思ってたんだけど(誰)そっか!地方公演だからの良さがたくさんあるもんね!なら私もそれはうれしいです!
九州とか私もまだ足を踏み入れたことないから松倉くんが私を九州に連れて行ってくれるなんてなんだか嬉しいな
あとは福ちゃんの「最初が」っていう言葉がすごく嬉しくて。なんか「最初が」っていう言葉は「次は」「次も」っていう言葉を期待できて…
もちろんまずは目の前の大阪公演!そして博多公演!なんだけど、少し期待してしまう自分がいて…

辰巳:確かに大変なこともいっぱいあるけど、入り込めるっていう意味では最初が地方公演でよかったかもよ。オレたちもいるし。
松崎:なんでも言って。
福田・越岡:頑張ってよ!
松倉:はい、頑張りますっ!

「オレたちもいるし」 「なんでも言って」
辰巳さーん(泣)(泣)ザキさーん(泣)(泣)
「頑張ってよ!」
福ちゃーん(泣)(泣)コッシ―(泣)(泣)
「はい、頑張りますっ!」
松倉くーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん(号泣)

ふぉ~ゆ~兄さん!そしてモロ!野澤!孝良くん!松倉くんをよろしく頼みましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ




次の3つは8人の対談を載せてくれたPOTATOのTwitterから



松倉くん多分普段「モテそう」とか言われないだろうから(失礼)否定してるけど嬉しかっただろうな~と思うと同時にモテそうなJrって誰だろうって考えてた。
やっぱり平野?顕嵐?長妻?ここらへんかなーなんて(笑)




夜の海!!特徴的な振付多分アレだ!とわかったよ!!!!興味ないと思うけど私はYes, My Dreamが好き!!

今回新しく入ったJr.のカイト、、、
メッチャ可愛い♡w
本当に一生懸命で見てて気持ちいい!
覚えも早いし!若さっていいねw
俺にとってはまた新しいカンパニーになったけど、違和感なくやれれば良いかなっと思ってます。
まだ芝居稽古は全然出来てないけど、いろんなアドバイス出来ればと!
まだ全円どうなるか見えてないけど良くなればいいなぁ
内博貴
(ウチにおいでよ 8/17 vol.96)

きました!!!!!!!内くんからのコメント!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ほんとめっちゃかわいいよね!わかるよ!内くんとは気が合うな!!!!!!!!!!!
内くんがほめてくれて嬉しい!!見ていて気持ちいいとか覚えもはやいとか本当にほめられてて嬉しいな


夏はみんなに会えなくて淋しかった~。でも、そのぶん舞台『Endless SHOCK』で成長した姿を見せるからね!
(Myojo 10月号)

これは"(ファンの)みんなに"って捉えていいんですよね!?だって成長する姿を見せるってことだもんね!?それファンに向けてだもんね!?
ファンのみんなに会えなくて淋しかった~。ってことでいいんですよね!?私も淋しかったよー(;_:)

(かわいがってるものは?)
半澤くんがくれたネックレス。「『~SHOCK』をやり遂げたら買ってあげる」って言ってくれてたけど「『~SHOCK』は大変だろうから、このネックレスを見てがんばって」ってプレゼントしてくれた。
(ポポロ 10月号)

はいはい、はんまちゅはんまちゅ。兄さんわかったから9月は梅田に10月は博多に元太くんと聡ちゃんを連れてきてくれ。2人だと不安だ。


そんなポポロのTwitterより↓

ってか松倉くんが半澤兄さんからもらったネックレスって誰か特定した?どんなのかな。兄さんセンスいいかな。(失礼)

(大阪はリカ役として菊池美香さんが入り、また新に松倉海斗さんも入ります。)
そう。でもまだ芝居の稽古に入ってないから、語れる印象は何もない(笑)。今はまだ"岸優太は何番に立ってたの?じゃあ海斗、何番に立ってね"くらいしかやってないからね。これからですね。だって番号に立つくらいなら誰だってできるからさ(笑)。芝居の稽古をやってみて初めて、今後、海斗がどういう稽古をしてみればいいのかというのも見えてくるから。
堂本光一
(BESR STAGE 10月号)

きました!!!!!!光一さんのお言葉!!!!!!!「海斗」って呼ばれてるんだね(;_:)やっぱりユウタの立ち位置でいいんだね(;_:)ってか菊池美香さんのことも聞いてるのに全部カイトのお話だけど大丈夫かな(笑)はー、堂本光一さんの口から「海斗」って名前が。あ~SHOCK出るんだね~松倉くんSHOCKに出るんだね~


稽古場の最終日にはみんなでご飯を食べに行って今まで話してこなかった事をいっぱい話せて、よりカンパニー愛が深まりました。
①みんなにイジられる海斗。
②イジられたそうなモロ。
③ずっと笑ってるタカ。
④やっぱりクールなのんちゃん。

僕の選択肢は迷わず、
④をイジる!!
です。

のんちゃんのクールさが少しホットになって面白かったです。

この4人がどんどん変わっていってるから、俺も負けへんで。
いい刺激もらってます。
全力って素敵やん。

辰巳雄大
(あ~ゆ~ことふぉ~ゆ~こと 9/4更新)

みんなにイジられる海斗(;_:)カンパニーに馴染んでる感じがするね~
辰巳さんいっぱい可愛がってください。

今回初めて絡むJr.の4人も凄く頑張ってます!!
そして何よりかわいい(;_:)♡
後輩を可愛いとか思えるって、、、
俺も、、歳行ったんだなw
とにかくがむしゃらに皆頑張ってるんで応援してあげてください(*^-^*)
内博貴
(ウチにおいでよ vol.99)

内くんのブログ絵文字とか顔文字とかいっぱいでかわいいよね。
内くん今年30だっけ?(29だって)(ごめん間違えたよ)(内くんごめん)
そりゃあ可愛いよな~
がむしゃらに頑張ってる松倉くん!応援します!



(ここからは初日観劇後に書いているので、感想が観劇後のものになっています。)
続いてはWiNK UP 10月号 松倉君と諸星君の対談から抜粋

松倉:モロは『~SHOCK』経験者でしょ?このあいだ、横アリで光一くんのソロコンを観にいったとき、楽屋にあいさつしにいったじゃないですか。そのときの光一くんの反応ってどうだった?
諸星:スタートダッシュは最高だったと思うよ(笑)。最初はあんなにしゃべってくれない。どう切りこんでいいのかまったくつかめなかった。今も若干つかめてないけど(笑)松倉もいじってもらえそうなキャラだよね
松倉:『~SHOCK』に出るって決まったときにあいさつしにいったの。そのとき"松倉歌どうなの?"って聞かれたから"歌えないです!"って言ったら光一くんがめっちゃ笑ってくれた(笑)
諸星:それを内くんにも話してたって聞いたから、きっと"こいつおもろ"みたいな(笑)。全然いいと思う!
松倉:出だしは順調…かな?ふぉ~ゆ~はこのあいだ雑誌の取材で対談させてもらったんだけど、めっちゃ優しかった!

これ松倉くんの"歌えないです!"発言。光一さんに笑ってもらえたのはよかったけど、これ読んだとき松倉くん歌どうなんだろう。ユウタはソロパートあったけどカイトはどうなるんだろうって思ってた。ソロパートはしっかりあって嬉しかったな~。松倉くんより歌が上手な人はたくさんいると思うけど、気持ちがいっぱいこもったカイトにしか歌えないカイトの歌素敵でした。


松倉:あと気になっているのが、どこのシーンが一番キツイのかな~って
諸星:一幕は体力がめちゃくちゃキツくて、二幕は精神的にくる
松倉:えっ、どういうこと!?
諸星:めっちゃ役に入りこむから。精神的にくるんだよ
松倉:そうなのかぁ。勉強になる!オレは、ジャパネスクがすごい不安。殺陣とかもあるし。あと、本番前に出演者の声掛けが気になる!帝劇観にいったときに諸星くんやってましたよね?スゴイなぁ~って思ってた

ジャパネスク!初めての殺陣だもんね。ジャパネスクの松倉くんは本当に今まで見たことないような顔でした。すごくひどい顔というかキチガイな顔で光一さんを煽ってて、もうすごいんだよ。不安っていう言葉が嘘のようでした。

松倉:美容院とかどうしよう…。ほかのジュニアにも聞いてみよう!
諸星:オレの意見だけじゃ不安(笑)?
松倉:そんなことないですよ!同じ役をやった人にも聞いてみたいなって思っただけ(笑)

そう、この対談で松倉くんご飯とか美容院の心配しててめっちゃ可愛かった(笑)初めての地方長期滞在だもんね。わからないことたくさんだもんね。
同じ役ってことはユウタとダイゴかな?2人とも仲良いんだからたくさん聞いて参考にしなよ~




続いてEndless SHOCK 梅田芸術劇場博多座パンフレットより抜粋

そして、今回初参加の松倉さん。オーディションションを受けて出演が決まったそうですが、『Endless SHOCk』という作品についてどのように感じていましたか?
松倉:事務所に入ってから毎年観に行かせてもらっていました。物語も本当に面白いし、何よりそのクオリティーに観劇していました。今年の帝劇公演は2回観させていただきましたが、すごく勉強になりました。だから、いつか出たいなって思っていて、今回オーディションを経て出演が決まったので、ビックリしました。
光一:彼の役柄は末っ子で透明感があることが絶対的な条件なので、それを伝え、あとはスタッフにお任せしたのですが、最初に会ったときから、その条件を満たしていると感じました。稽古もまわりより先にやっていたんだろ?
松倉:はい。全体の稽古に入る前から振り付けなどは(岸)優太くんに教えてもらいました。みなさんとの稽古に入ったときに頭がパンパンにならないように、ちょっと整理したいと思って
光一:だから僕が稽古に入った頃には、全体の振り付けは大体入っている状態でしたね。それになにより覚えが早いよね。
岸:はい、めちゃくちゃ早いです
松倉:優太くんに教えてもらっておいてよかったと思っています。そのおかげで、稽古では振り付けを覚えるところから始めるのではなく、曲のイメージとかも考えられるようになりましたから
岸:僕らも早めに稽古を始めたので、海斗に教えながら、4人でずっと踊ってましたね。僕らは動きが似ているので、4人で一緒に練習することが大切だと思って
野澤:僕は今まで、他のコンサートの現場などでも、松倉とはちょっと世代が違うので、あまり絡んだことがありませんでした。でも今は、一緒に稽古していて楽しいです。優太とは、また違った感覚というか
岸:優太は年下でしたが、『Endless SHOCK』では先輩でした、だから僕らが教えてもらう立場だったんです。
諸星:そうか、年下で僕らが教える立場って初めてなんだ。でも、教えるっていうことは、勉強にもなりますよね
松倉:僕も3人が一緒で良かったです。野澤くんと岸くんは、知ってましたし、諸星くんとは他の現場でも一緒にやっている。だから、やっぱり安心感がありますね

博多座のフライング発表のときから気になってたけど、松倉くんはオーディションなんだね~。
透明感があることが絶対条件。その条件を満たしている。という光一さんのお言葉。嬉しいな~
そして岸くん!振り付け教えてくれたんだね~キンプリやチーム武など自分の活動だけでも忙しかっただろうに。本当にありがとう。
振り付けを覚えてから稽古に入りたいから岸くんに教えてもらう。そんな海斗を応援したいから振り付けを教える岸くん。2人に感動しました。

光一さんとは初めての共演ですが、学ぶことは多いですか?
松倉:はい。最初はすごく緊張していました。僕は、殺陣が初めてなんです。そこで光一さんが刀を持って、基本を教えてくださいました。すごく優しく接していただけたので嬉しかったです!
光一:完璧な受け答えをする出来た後輩ですよ(笑)。これは以前3人にも言ったことかもしれないけど、『Endless SHOCK』の現場には踊りにしても殺陣にしても歌にしても、スペシャリストが揃っているんだよね。だから、それをチャンスだと思って、どんどん吸収してもらいたい。今まで彼らがどんな経験をしてきたか分かりませんが、恐らくこれまでは、ひとつひとつの表現に対して意味がある、というようなところまでは考えてこれなかったと思います。でも、本当は踊りひとつとっても、なぜそういう表現をするのか、という理由がる。それを『Endless SHOCK』で吸収していくと表現力は絶対に上がるので、そこを大切にしてほしいですね
松倉:そうですね。踊りの意味までは、今まで考えたことはなかったです
光一:振りさえ覚えていれば良かっただろうし、たぶん、それで成立していたんだと思うんですよ。でも『Endless SHOCK』は、それじゃ成立しない。だから、このシーンでこの動きをするのはなぜなのか?っていうことを考えて表現力を養っていくことが大切。そうしたら、絶対自分のためにもなると思うからね
松倉:はい!頑張ります!

完璧な受け答えが出来る出来た後輩ですね(笑)いままでのステージでは学べなかったことをこのステージでは学べる。表現力を養って一回りも二回りも大きくなった松倉くんを見ることが出来るのを楽しみにしいます。

表現力を身に付けたら、3人のように人生が変わるかもしれないですね。
諸星・岸:いや、人生は間違いなく変わりますよ!
松倉:僕、すでにちょっと変わり始めてます。先々を考えて、例えばストレッチとかも前よりするようになりました。今までの自分じゃダメだな、と思うようになりました。
光一:それに稽古も楽しんでやってるようにも見えるよね。物怖しないっていうか。例えば稽古のときとかって、まわりに人はいっぱいいるから、先生に"歌ってみろ"って言われても、物怖じして声が出ない人もいるんですよ。でも、彼は頑張ってやろうとする。稽古場でそれが出来るっているのは、すごくいいことだと思います。これも以前3人に言ったと思いますが、稽古場は恥をかくところ。萎縮して、何も出せなくなってしまうのが一番困るんです。逆に思い切りやって失敗したとしたら、そこからアドバイスが出来る。その点、彼らにはその感じがないので安心してますね

三日坊主って言ってたもんね(笑)ひとつ大きな目標があると続けられるよね。
物怖じしない松倉くんの姿を褒めていただいて(;_:)松倉くん結構人見知りだから稽古とかで控えめになっちゃわないかなと少し心配だったけどそんな心配いらなかったね。

松倉さんは、初めてなでけに心配な部分はないですか?
光一:最初に会ったとき、"僕、歌がダメなんです"って言ってたよな?(笑)
松倉:はい(笑)。歌は苦手なんです。でも、殺陣も演技もあまり経験ないし、踊りもみなさんとはレベルが違います。だから、全部頑張らきゃいけないとは思うんですけど、その中でも今の僕に一番足りないものは何かを聞いておきたいです
光一:いや、今のところ足りないっていう感覚はないよ。お芝居に完成形はないし、海斗には学ぼうとする精神があるから、それでいいと思う。特に初めてのことだらけなら、吸収するばっかりだろうからね。だから、心がけてほしいのは、稽古しているときから、ひとつひとつを見逃さないこと。歌にしてもこの作品で教えてくれている先生はテクニックよりも感情面で歌わせようとするでしょ?そういうのって、すごく大事。歌も踊りもお芝居も感情表現っていう意味では共通なので、何にでも通用するものになるからね。よく俺が踊りの稽古のときに"ポーズになるな"って言うけど、ポーズの組み合わせになっちゃうと何も伝わってこない。それは、すごくもったいない。みんなは踊り自体は俺の10代や20代前半の頃よりずっとうまい。そこにさらに何を表現する、っていう考えを組み込めば、もっといいものになると思うよ
松倉:はい。全部が勉強になることばかりなので、とにかく吸収しまくります

光一さんお気に入りの松倉くん歌えないエピソード(笑)
感情で歌う。SHOCKを見ているとほんとに思いますね。感情で歌って、感情で踊ってっていうのが
ひとつひとつ見逃さず吸収しまくろうね松倉くん。

松倉:僕は初めてなので、3人に追いついていけるよう努力もしなくちゃいけないですし、光一さん、内くん、辰巳くん、松崎くんとも初共演なので、みなさんからいろいろ吸収したい。そうすることで新たな自分に変われるようになりたいです
光一:ステージの上に立ったら先輩、後輩関係ないからさ、だから、みんな遠慮せず、思いきりぶつかってきてね!

 
なんかこのパンフレット読んでてやっぱり光一さんってすごいな~って思った。座長としてみんなを引っ張っていく感じがすごいですね。光一さんだからこそ作り上げられるカンパニー!光一さんだからこそ作り上げられる作品!

松倉海斗です!
1997年11月14日生まれのさそり座です!
趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞で、特技はダンスと水泳とスケボーとフラフープです!
長所は明るくて負けず嫌いなところで、短所は心配性でしつこいところです!
今は初出演の「Endless SHOCK」に全力で取り組んでいます!
稽古が始まる前はカンパニーに溶け込めるか不安だったけど、光一くんをはじめカンパニーの皆さんがとても暖かく迎えてくれたので楽しく本番をすることが出来ています!
これからも何事も全力で取り組んでいくので応援よろしくお願いします!
(あ~ゆ~ことふぉ~ゆ~こと 9/18日更新)

これはふぉ~ゆ~の連載にザキさんが松倉くんのコメントを載せてくれたもの。孝良くんからは連絡がなかったようだが他2人のコメントも載せてくれている。4人は連載をもっていないのでこのザキさんの心遣い本当にありがたい。松倉くんっていつまで特技にフラフープって書くんだろう。今もフラフープ回しまくってるかな。クリエで披露してくれるかな。SHOCKだけじゃなくどんなお仕事でも全力でぶつかっていく松倉くん。もちろんこれからも応援させてもらいます。


俺の役は(堂本)光一くんのライバルを演じる内(博貴)くんの弟的存在。だけど光一くんのことも尊敬してて、その複雑な葛藤を演じなきゃいけないのがむずかしい。しかもセリフがあんまりないから、動きで表現しなきゃいけなくて悩んでる。だから過去のDVDを見たり、寝る前に劇中で使われる音楽を流しながら、ベッドで台本を読んでイメージトレーニングしてるんだ。気づいたらそのまま寝てて、起きたら台本開いて音楽も流しっぱなしってことがしょっちゅうだよ!
劇中で踊るダンスは、ジャズダンスみたいな感じなんだ。いつも踊ってる『少クラ』やコンサートの元気な感覚は置いておいて、今はしなやかなダンスを基礎から学んでる!稽古では光一くんみずから指導してくれて"こんなにちゃんと見てもらえるんだ!"って感動だった。俺、移動のときにスキップしちゃうクセがあるんだけど、さっそく光一くんに「立ち位置は歩いて移動して」って注意されちゃった(笑)。ほかにも初めて挑戦する殺陣で、刀の持ち方や構え方もみっちり教えてもらったから、注目して見てもらえたらうれしいな。
(Myojo 11月号)

「動きで表現しなきゃいけないから悩んでる」って言ってるけど松倉くんの動きは1つ1つ感情が表れてたと思う。観劇のブログにも書いたけど歩き方だってシーンに合わせて変わってたし、イメージトレーニングのおかげかな?
自分のスタイルとは違うダンスを基礎から学べるってとても貴重なことだよね。しかも光一さんにご指導いただいて…。このチャンス逃さず、見逃さずたくさんのことを吸収できるといいね。松倉くんが注目してほしいって言ってる殺陣!本当に必見!パンフレットでも光一さんが基礎から教えてくれたって言ってたね。次観劇するときは立ち位置歩いて移動できてるか注目したいな(笑)。



以下の3つははDance SQUARE vol.9 辰巳雄大松崎祐介野澤祐樹、諸星翔希、岸孝良、松倉海斗6人による対談から抜粋したもの。

松倉:出演が決まったときはすごくびっくりしたんです。オーディションで選ばれて。まさか、ジャニーズに入ってから毎年観てきた『SHOCK』に、こんなに早く出られるなんて。喜びの気持ちがいっぱいありました。
辰巳:おぉ~、いいねぇ。
松倉:やっぱり、いちばんプレッシャーなのは、殺陣です。「Japanesque」の時に、光一君との手が結構あって。失敗したらどうしようってすごい考えたりして…。
松崎:分かる、分かる。
松倉:刀持ってるんで。振り回すと危ないし…。
辰巳:斬れちゃうからね(笑)。
松倉:あてないようにとか、体力も神経も使うので、すごく大変です。
野澤:確かに、殺陣は難しいですね。東京と大阪では舞台のサイズも違いますし。
辰巳:そんななかでの海斗の頑張りはものすごく感じるよね。
松崎:うん。だって、17歳でしょ?全然未来あるよね。
野澤:僕らは未来ないみたいな言い方しないでくださいよ(笑)。
辰巳:海斗はとにかく器用で、俺らが少し遅れて稽古に合流した時点で、もうオドオドしてる感じがあんまりしなくて。意外とこんなかわいい顔して、ドンとしている部分がある。その裏付けとして、いっつもみんなと一緒に残って練習してて、すごいなぁって。それに、海斗はソロもあるし。
松倉:はい、歌の時ものすごく緊張してます…。

この対談の小見出しみたいな感じで書いてある言葉が「17歳の注目株が大阪公演から初登場!」なんだよね。その見出しが嬉しくてしょうがなかったな。雄大くんもザキさんも褒めてくれてうれしいな~。「17歳でしょ?全然未来あるよね。」って具体的に何歳から未来がなくなっていくのかちょっと教えてほしいところだけど(笑)雄大くんめちゃくちゃ松倉くんのこと見てくれてるのが伝わるよね。あと「こんなにかわいい顔」って言ってくれて嬉しい。ありがとう。

岸:僕ら、1回4人(野澤・諸星・岸・松倉)でご飯を食べながら、役の設定とかバックグラウンドについて話し合ったんですよ。
…中略…
松倉:僕はカンパニーのなかで最年少なんで、弟っぽい感じが出るようにって思ってます。劇中で千秋楽終わりに歌う「Yes, My Dream」の時も、内君とかみんなに、頭わしゃわしゃしてもらったりして。
諸星:かわいがられてるよね。

ほんとカイトめちゃくちゃ頭わしゃわしゃされてるよね(笑)。Yes, My DreamのときもそうだけどRock The Worldのときとかカイトのソロパート中にもわしゃわしゃされてるし、歌終わりにもわしゃわしゃされてるし、内くん含めカンパニーのみなさんにもかわいがられてるのはカイトの役柄はもちろんあると思うけど、松倉くんから溢れでるかわいさも関係してるよ!絶対!

松倉:ダンス、歌、殺陣、演技、太鼓…盛りだくさんで、コウイチを殺しにかかる時の表情とか深刻な顔、涙を流す顔とか…、ファンの方にも見せたことのない一面を見せているというか!でもこれからは、もっと色んな表情を見せなきゃって思います。

そう「コウイチを殺しにかかる時の表情」これ必見!この対談の中でも言ってたけど本当松倉くんって光一さんと殺陣するシーンが多いんだよね。すごい顔してる。本当に今まで見たことない松倉くん。今まで見たことない表情を見せてくれる松倉くんと、そういう場を与えてくれてるEndless SHOCKに感謝してる。





続いてはSTAGE navi 2015 vol.05より

(座長・堂本光一から言われて、印象に残っている言葉は?)
初めてお会いしたのは、「MUSIC JAPAN」(NHK)でした。光一さんが出演された回に僕もSexy Zoneのバックについていて。「『SHOCK』で2カ月よろしくお願いします」って挨拶をしました。「おう!」って笑顔で、ものすごくウエルカムな感じで優しかったです。すごくかっこよくて、もちろんオーラもすごくて、近寄りがたかったですけど頑張りました(笑)。まだ光一さんの前では緊張しますけど、同じ舞台に立って光一さんの後ろについているので、身近にいるからこそ吸収できるものがあると思うんです。思いっきり吸収して、今後に生かしていきたいです。

モロと横アリでご挨拶する前にNHKで会ってたのね!光一さんとお仕事ができるなんてほんと素晴らしい機会だもんね。思いっきり吸収して!



次はSTAGE navi 内博貴辰巳雄大松崎祐介の3人による対談より

(今年から新しく参加した後輩の野澤祐樹さん、諸星翔希さん、岸孝良さん、松倉海斗さんはどうですか?)
内:実は最初の頃は俺、なんか不思議な感じがして、なかなかこのメンバーでやるっていう、実感が持てなかったんだよね。"あれ?なんでここに福ちゃん(福田悠太)とこっしー(越岡裕貴)がおらへんのやろ"って。
辰巳:俺とマツ(松崎)は、テレビで2人の仕事が多くなっているから、それはなかったよね。
松崎:そうだね。もうこのペアの形に馴染んでるね。
辰巳:あっ!それって、俺たちが内を満足させられてないってことか(笑)?
内:そんな話ちゃうって(笑)。特に福ちゃんとこっしーは、役的に俺の演じるウチのサイドについてたから…。俺がリーダーで動いてるけど、2人は一番俺のことをわかってくれてて「ウチ、やろうぜ」ってため口で話せる同年代の仲だった。でも今回は、それが後輩になってるから、その差をどう埋めるかというのは考えたかな。稽古の初めは、「こういう心情でやろうね」という話はしたけど、プライベートの話はまったくしなかったからね。
辰巳:そのあと俺に4人からメールが来て、「4人で話し合ったんですけど、内くんと話したい」って。それを内に伝えたんだよね。
内:あれは嬉しかったなぁ。そういうふうに思ってくれていたってことがね。本当に"いいものを一緒に作ろう"って一生懸命でさ、いい子たちだよな。
松崎:それで、みんな踊りの振りを覚えるのも早いんだよ。僕も役が変わって、新しいことばかりで、覚えることがたくさんあったんだけど、あの4人よりも新人です……みたいな感じだった(笑)。
辰巳:今までと真逆の役だからね。内が言ったように本当にみんな努力家で、稽古も遅くまで残ってやっていたよね。気が付いたことがあったら、言ってあげよう!っていう気持ちになっちゃうよね。
内:ダラけてる子がひとりもいなくて、アグレッシブさが見ててすごく気持ちいいよ!
松崎:4人が入ってまた新しい『SHOCK』カンパニーになって、さらに『SHOCK』がすごくなったと思うよ。

松倉くんと比べると東京公演も出てるから3人のほうが先輩だし、松倉君だけが"初"な感じがしてたけど、内くん、雄大くん、ザキさんと共演するのは3人もはじめてなんだもんね。4人ともSHOCKに対する考えかたが素晴らしいと思うし、この若い4人が入ったからこそ作り上げられるSHOCKだったな~と思います。



以下の4つは同じくSTAGEnaviより、松倉海斗、野澤祐樹、岸孝良、諸星翔希の4人による対談から抜粋

(今回、松倉さんは初出演になりますが、みんなから何かアドバイスはありましたか?)
野澤:松倉はすごく覚えるのが早くて、そんなにアドバイスとかしなかったよ。
岸:そうそう。17歳恐るべし!俺たちだったら「無理無理~」っていう速さで流れを覚えていたからね。
松倉:いやぁ。もう頭がパンパンでしたよ。ダンスの振りを覚えるのが本当に大変だった。みんなは東京公演をやっているから、僕だけが真っ白な状態で本当に焦った~。
諸星:吸収力がすごいよね。でも、あれだけ早く覚えたってことは、逆に捉えれば、俺たちの教え方がうまいと…は、ならないですね(笑)。
松倉:振りを覚えてもその後に、演技とか殺陣とか歌とか太鼓とか……覚えなきゃいけないことがたくさんあって……。
岸:『SHOCK』は覚えることのパレードだよ(笑)!
野澤:頭を使うからだろうね。松倉は稽古が終わった後、「眠いっす」っていつも言っていたよね。

いろんなとこで「覚えるのが早い」って言ってもらえて本当にうれしい。頭を使うプラス遅くまで残ってたから眠かったんだろうな。雄大くんが遅くまで稽古してたって言ってたもんね。ほんとたくさんのことを学ばせてくれる、覚えることのパレード『SHOCK』!!!


松倉:僕は、最初まだどこかに"恥ずかしい"っていう気持ちがあって…。でも現在は、殺陣でも演技でも、自分をもっと出していこうと頑張っています。
岸:自分をさらけ出す場としては『SHOCK』はマジ、最高のチャンスの場所だからね。
諸星:意識しないと、知らないうちに殻に閉じこもっちゃうからね。
松倉:さらけ出すコツとかはありますか?
岸:とにかく自分の意識だね。自分でふっきろうと思うこと!
松倉:まだまだ頑張らなくっちゃ、俺…。

パンフレットで光一さんに物怖じせずに稽古してるところを褒められてたけどやっぱり最初は「恥ずかしい」みたいな気持ちがあったんだね。
それにしてもさっきから孝良くんのSHOCK愛が伝わってきて最高だな。

(今回は地方公演ということで何か計画はありますか?)
松倉:今まで長期で地方に行ったことがないから、やっぱりご飯が楽しみです(笑)。

かわいい。たくさんご飯連れて行ってもらってね!

(これから見る方にぜひ、おすすめポイントをお願いします。)
松倉:僕は初めての参加になりますが、舞台上に立ったら、見ている方はもちろん、出ているみんなにもそれは関係ないことなので、『SHOCK』に僕がいても違和感がないように精一杯頑張っていますので、見てください!

このコメント本当に感動した。こういう考えになったのって絶対光一さんをはじめとするSHOCKカンパニーの影響だと思うんだよね。このカンパニーに出会って松倉くんのステージに対しての考え方とかが少しずつ変わっているような気がする。


にしても、大切すぎて真剣すぎて思いっきりすぎないかいって思う最高の仲間に刺激をもらってました。

モロ。
タカ。
のんちゃん。
海斗。

大阪は楽屋も一緒だから本当にずっといたな。
今、みんなに会ってないのが落ち着かない感じです。

作品の事、芝居の事、ダンスの事、歌の事、色んな事を真剣に考えて悩んで話して、悩んで話して。
本当に深い時間でした。

モロとは風呂入りながら語ったり、
海斗は急に部屋に来て語ったり、
タカの部屋に行って話してみたり、
のんちゃんをいじってみたり。

後輩とはいえ、ステージに立ったらそんなこと関係なく素晴らしいものは素晴らしい、駄目なものは駄目。
そんな世界で生きてるからこそ、仲間として兄として色んな話を出来てよかったな。

でも楽屋はうるさいよ~
楽しいよ~

気づけばモロとタカがコントみたいな事をして海斗が爆笑してのんちゃんがシュッとしてるみたいな。

海斗、かわいい~みたいな。

俺もみんな笑わせたいから色々やるみたいな。

海斗、かわいい~みたいな。

ザキさん帰るの早いなぁ!みたいな。

海斗、かわいい~みたいな。

めっちゃうるさかったのに植草さん来て、4人が凄いシュッとするみたいな。

あ、のんちゃんはさっきと変わってないわ。みたいな。

とにかく楽しくて家族みたいな感覚です。
やっぱり大阪公演、博多公演ではカンパニーの人とずっと一緒だから舞台上のカンパニーも絆が強く出る気がします。
早くみんなに会いたいな。
すぐ博多で会えるか。

辰巳雄大
(あ~ゆ~こと ふぉ~ゆ~こと 10/2更新)


雄大くんの
「後輩とはいえ、ステージに立ったらそんなこと関係なく素晴らしいものは素晴らしい、駄目なものは駄目。
そんな世界で生きてるからこそ、仲間として兄として色んな話を出来てよかったな。」
っていう言葉。
光一さんもパンフレットで
「ステージの上に立ったら先輩、後輩関係ないからさ、だから、みんな遠慮せず、思いきりぶつかってきてね!」
って言ってくださってて
こういう先輩たちに囲まれてるから、さっきの松倉くんから
「僕は初めての参加になりますが、舞台上に立ったら、見ている方はもちろん、出ているみんなにもそれは関係ないことなので、『SHOCK』に僕がいても違和感がないように精一杯頑張っていますので、見てください!」
っていう言葉を聞けるんだと思った。

SHOCKで得たものは数えきれないな~。

それにしても雄大くん「海斗、かわいい~」って言いすぎ!まぁ、たくさん言いたくなる気持ちもわかるけど(笑)
「海斗は急に部屋に来て語ったり」って急に雄大くんの部屋いったのかな…?

すばらしいカンパニーのメンバーとたくさん話ができていろんなことに悩んで、松倉くんにとってかけがえのない時間だっただろうな。
私もはやくSHOCK見たい。次博多座行くまで待ちきれない…。


ボクにとって初めての『~SHOCK』がついにはじまりました(取材は9月中旬)。ただ、まだ全然慣れてないっす(苦笑)。初めてにしてはよくできてるって言ってもらってるんですけど、全然自分の中では納得してなくて、むしろヤバイと思ってます。これからやっていくうちに「こういう演技をすればいいんだ」っていうのがつかめてくると思うんだけど、あせっちゃって。演じるっていうのは難しいなってあらためて思いました。でも、毎回違う演技ができるのは、大変だけど楽しい!ダンスは、『~SHOCK』仕様の振りの形を光一くんからアドバイスもらったりしてます。殺陣も初めてだったから基礎から教えてもらったり、(堂本)光一くんにはすごい優しくしてもらって、本当にお世話になってます。
WiNK UP 11月号)

「大変だけど楽しい」って松倉くんが言ってて嬉しいな。梅田座初日に光一さんのファンの方とかに「すごくいい」って褒めていただいてすごく嬉しかったけど、博多座千秋楽には「最初もよかったけどさらに成長したね」っていろんな人に思ってもらえるといいな。公演を重ねていくたびに学ぶことはたくさんあるだろうな。


松田:マツクは『Endless SHOCK』もあるしね。オレ、地方に見に行こうかと思ってる。
松倉:来てほしいよ、本当に。
松田:来てほしいと思うなら、直接ちゃんと言ったほうがいいよ。
松倉:(松島)聡と見に来てよ。
松田:愛の言葉を伝えな!
松倉:来てほしい。来て!
松田:足りない。
松倉:(まじめに目を見て)来てください。
松田:いいよ♡普通に見に行きたい。だって頑張ってるところ見たことないから。
松倉:いつも頑張ってるよ!(笑)でもね、普段は一緒にステージに立つことが多いからね。
松田:客席で応援したいな。
(POTATO 11月号)

松松でSHOCKの話!やっときました。相変わらずの元太ノリだけど、松倉くん本当に元太くんに見に来てほしいって思ってたんだろうなーって。こういう元太ノリを松倉くんはかわしたり、照れて応えなかったりすることが多いと思うんだけど「(まじめに目を見て)来てください。」って言うくらいだからね。元太くんに絶対見に来てほしいって思ってたのかなって思った。そして本当に見に来てくれた元太くん。松倉くんがステージで頑張る姿を見て何を思ったか、話聞けるといいな~


(近況)
元太が主催でオレを送る会を開いてくれて。お題があるジェンガをやったり楽しかった!うれしかったしありがとう♡でも会のことはオレには秘密のはずが宮近が口を滑らせてて気づいてた(笑)。
(POTATO 11月号)

お題があるジェンガってJJLのパジャマパーティーかよ。スッパスッパドリンク飲むのかよ。松松でダンスすんのかよ。
宮近何してるんだよ。元太くんが主催で頑張ってひらいてるのになに口を滑らせてるんだよ。宮近大好きだけどこの件に関しては許さねーぞ。


(近況)
"マツクを『SHOCK』に送る会"をやった!メンバーは(松島)聡ちゃん、宮近(海斗)、影山拓也、石田直也。"いってらっしゃい"のプレートをつけたケーキを買ってきて、みんなで食べたよ。
松田元太)
(POTATO 11月号)

聡ちゃん、宮近、トランピーはわかるんだけど影山くんってここに入るくらい仲がいいんだね。ジャニワのときにイェーイ!!って一緒にやってた記憶はあるんだけどそんなに仲いいんだね。勉強不足でした。ごめんなさい。プレートが「がんばって」じゃなくて「いってらっしゃい」ってところがいいよね~




続いての5つはduet 11月号 Jr. BANG HYPER 松倉くんへのインタビューから

(『SHOCK』出演の感想は?)
決まったときはビックリしたよ。「(堂本)光一くんは怖くないかな…」って心配になったけど、あいさつに行ったらやさしくてホッとした。そのときいつもお世話になってる振りつけ師さんが「松倉はなんでも全力でやるし、笑顔を絶やさない」って言ってくれたのもうれしくて。「期待にこたえなきゃ!」って思ったよ。

振り付け師さんの言葉嬉しすぎる!!!!!松倉くんって若い子特有の「さぼってる俺かっこいい」的なものが全くないんですよね。振り付けを軽く踊っちゃってる自分かっこいい的なのがないんですよ。どんなお仕事でも、どんな立ち位置でも全力でやるんですよね。私もその姿が大好きだから近い距離で松倉くんのことをみてる振り付け師さんに褒められて嬉しいな。


(共演者たちとのエピソード)
野澤(祐樹)くん、モロ(諸星翔希)、岸(孝良)くんとは、稽古初日にごはんを食べに行って「がんばろう」って話をした。内(博貴)くんは、稽古のときオレのために「いまのところもう1回やろう」って言ってくれたり、ふぉ~ゆ~のふたりは「地方公演のときの、ホテルの洗濯機は早い者勝ち」なんて情報も教えてくれた!

ん?洗濯機の話…なんか聞いたことあるぞ…ふぉ~ゆ~兄さんとの8人の対談ではないか?(このブログを遡る)(あれ、書いてない)(これ対談の中から抜粋してるんだよな)(雑誌の対談を見る)(あ、書いてあった)(抜粋しなかったわたし何やってるんだよ)ということで↓

辰巳:あ、ひとつアドバイス思い出した。洗濯したいときは早めに劇場入りする。洗濯機がすぐ埋まるから。
福田:あれは戦場だね、マジで。

以上です。


(最近の"SHOCK"なできごと)
(松島)聡、(松田)元太、宮近(海斗)、羽生田(挙武)で遊園地に行ったらしいんだけど、それに誘われなかったのがショックだった。聡に「なんで?」って聞いたら、舞台の稽古で忙しいと思われてたみたい。それでも声はかけてほしかったな(泣)

これ読んで、女同士だったら誘われなかったことに対して「なんで?」って聞けないなってどうでもいいこと思ってた。みんなは忙しい松倉くんを気遣って声をかけなかったんだろうけど、それでも声はかけてあげてください。


(自分の中で、Endlessなことは?)
ハリー・ポッター』好きなこと、4才のころからハマって、『ハリー・ポッターと賢者の石』は確実に100回は見てる!

休演日にUSJ行けてよかったね!松倉くん!


(『SHOCK』で得たいものは?)
自信。これまでドラマに出させてもらっても、恥ずかしさが捨てられなくて、イマイチ自分の殻をやぶれてなかったのね。『SHOCK』では役に入り込んで「オレにも演じられる!」って自信をつけたい。

自信ついたかな?自信もっていいんだよ。カイトは松倉くんにも演じられる演技じゃなくて松倉くんにしか演じられないものだと思う。孝良くんも言ってたしね!SHOCKは殻をやぶるのに最高の場所って


(近況)
『SHOCK』の公演で地方に行くオレのシンメ・まつく(松倉海斗)のために、みんなで"いってらっしゃいパーティー"を開いたよ。まつくにはナイショで宮近(海斗)、影山拓也、石田直也、(松島)聡を呼んで、あとから登場させるはずだったのに、うっかり全員を同じ時間に集合させちゃった。サプライズ失敗…。でもバーベキューとケーキでお祝いしたら、超喜んでくれたよ♪
松田元太)
(duet 11月号)

全松松担が泣いた「オレのシンメ・まつく」
やっぱり「いってらっしゃい」っていうのがいいよね。松倉くんが戻ってきたら「おかえりなさい」って「おかえりなさい」って…(号泣)そんでもって宮近がバラしちゃっただけがミスかと思ってたけど、元太くんもミスをおかしてたのね。1人で頑張って企画したのかな…?

松倉(海斗)が舞台で長い間東京を離れるから、「いってらっしゃい会」を、松田元太といっしょにやった!サプライズだったのに、オレがバラしちゃったんだけどね(笑)。
(宮近海斗)
(duet 11月号)

「バラしちゃったんだけどね(笑)」じゃねーよ。宮近大好きだけど許さねーぞ。



ふぉ~ゆ~の半分からも動画でメッセージ頂きました。
雄大が撮ってくれたみたいで手の込んだ事を。
ありがとう。
ぜ、全然嬉しくないんだからね。
SHOCKカンパニーの温かい気持ちを受け取りました。
そして笑いました。
やっぱりザキさんバカだわ笑
もろもタカもバカだわ笑
内元気そうだし
まちゅくら可愛いし
のんちゃん身長高いし。
他にも雄大監督の動画に参加して下さったカンパニーの皆さん!
笑いました!
ありがとう。
(越岡裕貴)
(あ~ゆ~こと ふぉ~ゆ~こと 10/9更新)

このメンバーの中で唯一松倉くんだけコッシー共演してないのに「まちゅくら」って呼ばれてるー!!!コッシーと仲良くなれば…二宮くんへの道もそう遠くないはず(悪い考え方)(笑)それは抜きにしても今回共演してない福ちゃんとコッシーとも仲良くなってほしいな~4WATはやく松倉くん逮捕しにいってください~



公演後は毎日光一君と食事しに行ってるのですが、最近はよくJr.の4人も連れて行ってます。本当に可愛いw
特にカイトの恋愛観が本当に可愛い♡w
何て純粋な子なんだろぅ~ってw
俺もあんな時代あったんかなぁ、、、
忘れたけど^^;w
モロも可愛いんだよなぁ~松の事を師匠って呼んでて本当に面白いw
最近はカイトがオレに師匠~って言ってくるんだよなぁw
本当にみんな可愛いです

さて、先日2回目の休演日は何とカンパニー全員で日帰り温泉ツアーに行ってきました!!!!
バス2台借りて
しかも席順はクジ引きで決めると言う小学生の遠足みたいな感じw
この日の光一君は何か持ってたなぁw
行きのバスで光一君が引いた席がなんと松の隣w
マジで爆笑したw
松かよぉーーーってw
で、温泉についてみんなでゆっくりお風呂入って、上がってみんなで足湯して

その後は宴会場でみんなで食事(*^-^*)
この食事もクジ引きで決めました!
またしても光一君、男性ダンサーさんに囲まれると言うwww
男ばっかじゃねーか!!ってwww
この時も爆笑しました!w
でも本当に楽しかった(*^-^*)
カンパニー全員で休演日を過ごすのは初めての事だったのでいい思い出になりました
(ウチにおいでよ 10/26更新)

Jr.4人も連れてってるってそこには光一さんもいるわけだよね。すげぇぇぇ。堂本光一さんとご飯行ってる松倉くんすげぇぇぇ。いつか2人でいってほしいな(笑)
温泉でやっぱり別府かな。別府なのかな。松倉くんはバス誰と隣だったんだろう。誰とご飯食べたんだろう。ほんとに仲がいい素敵なカンパニーだな~素敵だな~。そんでもって内くんの日記相変わらずかわいいな~


(○○があれば寂しくない!)
最近はずっとホテルでの生活だからなぁ。自分の部屋にはほとんど物がなくて、オレの部屋無機質なんだよね。あまりにも物がないから「病院みたい」って言われたことがあるくらい(笑)。今はDVDプレイヤーがあれば寂しくないかな。あとは炊飯器!毎朝モロの部屋で納豆ごはんをふたりで食べてて。炊飯器でごはんをたいていて、でも家のごはんが食べたいって思うときはあるよ。
(寂しくなったら○○に連絡)
電話してきてっていうのは(松島)聡かな?寂しいときは電話しろよって言ってくれたんだけど、お互い忙しくて『~SHOCK』が始まってからまだ1回しか話せてないんだけどね。そうそう、岸(優太)くんから、初日におめでとうのメールが来たんだよ。「がんばって」って。岸くんってそういうのあんまり送る人じゃないと思ってたから、ビックリした。(西畑)大吾からも「初日、大変だと思うけどみんな優しいから、楽しんでがんばって」って。みんな応援してくれてる。ほかにも宮近とか、あと元太からもきたし、半澤くんとは電話もして。そのとき半澤くんも舞台やってたからお互いの話をいろいろしたよ。
WiNK UP 12月号)

家のごはんってよりお母さんのごはんってより…ママのごはん!ママのごはんでしょ?ママの美味しいごはんが食べたいよね?ママァ~
岸くんと大吾っていう歴代の末っ子ちゃんたちと松倉くんは仲が良くてよかったなー末っ子ちゃん3人で対談とかやってほしいな。半澤くんと"は"電話"も"して…なんだよ。やっぱり付き合ってるのかよ。なんなんだよ。(って言いながらいつも感謝してるよ。ありがとう兄さん。)



(Jr.情報通はだれ?)
あと、宮近(海斗)には先輩のことを聞くかも。『~SHOCk』に出演する前、「ふぉ~ゆ~って怖い?」って聞いたら、「優しいよ」って言ってて。

(近況を教えて!)
『~SHOCK』では、(堂本)光一さんが、殺陣やダンスのアドバイスをくれてうれしい。モロ(諸星翔希)と俺が一緒にラーメンを食べてるとき雑誌を読んでる光一さんがいて。2人とも緊張しちゃってなかなか声をかけられなかったな(笑)。
(POTATO 12月号)

「ふぉ~ゆ~って怖い?」っていう質問(笑)。怖いと思ってたのかな?まぁ一回りちかく歳が離れたJr.の大先輩だもんね。そりゃ怖いと思ってもしょうがないか(笑)。やっぱり光一さんには声かけるのでも緊張するんだな~。



(『SHOCK』での、先輩たちとの交流を教えて!)
博多座公演では、(堂本)光一くんや植草(克秀)さんがごはんをごちそうしてくださいました。食事中には、光一くんや植草さんのJr.時代の話などを聞かせてもらいました。あと内(博貴)くんは「海斗かわいいなぁ~」って頭をなでなでしてくれた(笑)。
(『SHOCK』で、いちばん苦労したことは?)
劇中のカイトを、いかに自然に演じられる、それが難しかったです。
(博多で食べた、おいしいモノは?)
博多ラーメン、ギョーザ、焼き鳥
(空き時間の過ごし方は?)
基本、モロ(諸星翔希)の部屋で過ごしてて、ストレッチしたりしてたよ。
(『SHOCK』でうれしかったことは?)
大阪公演に(松田)元太が見に来てくれたこと。前日に「見に行くから」って電話が来て、すごいうれしかった。元太が劇場に着く前に「シンメが活躍するの見てると泣いちゃう」と泣きながら電話してきた。
(今回の『SHOCK』で成長したことは?)
演技するうえで、ただ演じる、っていうわけではなく、その場面で、自分が心から感じたもを表現する、っていうことを知ったと思う。もっともっと実力をつけて、ジャニーズのなんでもこなせる人になりたいです。

(duet 12月号)


というかまさか、自担がかの有名な少年隊様にお世話になると思ってなかったからな~。いや、ジャニワに錦織さん出てたけどそういうことじゃなくてさ(笑)。ほんといつ自担がマッチ大先輩にお世話になるかわからない時代ですね。実際にトラジャはマッチ大先輩にお世話になってるわけだしね。話それるけどトラジャは嵐先輩のバックにもついててさ~松倉くんが二宮くんのバックにつくなんてありえないと思ってたけど同い年で同期の宮近とかがバックについてるんだからありえないなんてことなかったな~って思いました。

SHOCKで嬉しかったことは…元太が見に来てくれたこと!!!!!元太くん見る前に「見てると泣いちゃう!」って電話してきたの?(笑)たくさんの経験をした中で嬉しかったことが「元太が見に来てくれたこと」ってのが松松ファンの一員として嬉しい。元太くんが見に来た日は「はりきってた」ってレポされちゃうくらいはりきってたのは嬉しくてしょうがなかったんだろうな。

松倉くんならきっとジャニーズのなんでもこなせる人になれるよ。


まつく(松倉)の出演してる『Endless SHOCK』を見に、大阪まで行ってきたよ。幕が上がってからは、ずっと松倉のことを見てた。もうね、最初から泣いてた。「すごいな、オレも負けていられないな」って思ったし、いっぱい刺激をうけて。終わったあとも楽屋に行って話したし、帰りの新幹線に乗る前に、もう1回話したくて、大阪駅からまつくに電話したの、思ってること全部伝えてたらまた涙が出てきて、駅で泣いてた。いつもJr.の活動でいっしょだか、こんなに離れてるのは初めてなんだよね。早く会いたいし、ごはん食べに行っていろいろ話したい!
松田元太)
(duet 12月号)


今まではいつも同じステージのシンメトリーの立ち位置に立って一緒にパフォーマンスをしてたから、お互いの活躍をマジマジと見れることなんて、なかなか無かったよね。松松が長い間離れ離れになっちゃうのは本人達にとってもファンにとっても少し辛いことあったかもしれないけどお互いの大切さやお互いの成長を感じられるいい機会だったのかな~と思った。シンメで踊ってるときだけが松松なんじゃない!お互い離れていたって、違うステージに立っていたって松松は松松なんだよ!!!!!!


梅田芸術劇場公演千穐楽での挨拶より)
光一:そして今回、大阪から『SHOCK』に初参加となった(松倉)海斗。
松倉:初出場ということで…
光一:"初出場"(笑)。何かのスポーツか(笑)?まぁスポーツみたいなもんだな!トライアスロンみたいなもんだからね(笑)。
松倉:初出場ということで…。すごい緊張してたり不安だったりしてたんですけど、カンパニーのみなさんとお客さんが凄く温かく迎えてくれたんで、楽しく、公演をすることができました!ハイ!
光一:まぁ海斗はね、今回初めてだったっていうこともあって、初日にね、ちょっと熱を出したりとかね。
松倉:そうですね(笑)。
光一:これ本当に不思議なもので、彼のポジションは、岸優太とか、関西Jr.の(西畑)大吾君とか…3人とも初日に熱を出す(笑)!何かこれ、ジンクスなんですかね。多分緊張感とか、色々あってだと思うんでね。
松倉:はい。
光一:それも表に出さずにね、本当によく頑張ってくれました。
松倉:はい、ありがとうございます!
(STAGE SQUARE vol.17)

今更…?というタイミングで梅芸千秋楽での挨拶を(笑)。ちゃんと「初出場」を2回被せて言えた松倉くん良い子良い子。初日に熱だしてたんだ。そんなこと全く分からなかったな~。それも表に出さずにね、本当によく頑張ってくれました。本当に。歴代の末っ子ちゃんみんな熱だしてるとか本当にジンクスみたい~。そりゃ緊張するよね~、本当によく頑張ってくれました(2回目)。



(Q.SHOCKの公演中松倉くんの頭ポンポンしてたのがとても印象的です( *´艸`)あれは松倉くんが可愛すぎるからポンポンしちゃうんですか?笑)
A.うん多分可愛すぎるから頭ポンポンしてたんやろねwあとは頑張れよ!って意味かな
(ウチにおいでよ 2周年記念企画)

そうだよね。私が内くんでも可愛すぎて頭ポンポンしちゃうよ~。ウチとカイトの身長差大好き芸人だから、ウチとカイトのツーショット大好き。屋良くんとは身長差があんまりないけど(ごめんなさい屋良君)ヤラとカイトのツーショットはどんな感じになるか楽しみだな~。
てか質問者様グッジョッブ!!



松倉:じゃあ近況ね。オレは大阪と福岡での『~SHOCK』が無事終了!
松田:さて問題です。その大阪公演を見に来てくれたJr.はだーれだ?
松倉:松田元太でーす。
松田:はい正解(笑)。松倉を見るためだけに自腹で大阪に行っちゃった。
松倉:あれはうれしかったな。慣れない地方公演で心細かったけど元太の顔を見たら安心した。感謝してる。
松田:松倉おキャストのみなさんもすごくカッコよくて感動したし、いい刺激にもなったよ。そういえば地方公演に行く前にみんなで「行ってらっしゃい会」をやったよね。だから今度は「おかえりなさい会」をやろうって思ってるっていうのがオレの近況(笑)。
(POTATO 1月号)

元太くんの「さて問題です。」っていう返し方天才かよ。かわいすぎ。「慣れない地方公演で心細かったけど元太の顔見たら安心した。」ってその日のレポでは「張り切ってた」ってレポされてて、元太くんとのアイコンタクト?も確認されてて松松シンメ愛の力ァァァァァァァ!おかえりなさい会やってほしいな~こんどは宮近にばらされることなくね~(笑)


(ふぉ~ゆ~の対談にて)
(と、ここで隣のスタジオにいた松倉海斗が乱入!ひとしきりイジリ倒した後で)
辰巳:…あれ?今オレ、海斗に恋してるかもしんない(笑)。あいつ本当にかわいいよな~。
(POTATO 1月号)

何カ月か前には考えられなかった「ふぉ~ゆ~の取材に松倉海斗乱入!」ひとしきりイジリ倒したの内容が気になりすぎるのでどこかで教えてくれるよね?POTATOさん?帝劇では福ちゃんとコッシ―ちゃんとも共演するからふぉ~ゆ~攻略だね(笑)。そんでもって雄大くんに恋されてる松倉くん羨ましすぎる~(笑)



松倉:オレら、よくいっしょに遊んでるけど、クリスマスパーティーはいままでやったことないよな。
松田:今年はしようよ!11月14日のまつく(松倉)の誕生日と、『Endless SHOCK』から、"お帰りの会"と、クリスマスの会の全部を兼ねてパーティーしよう。
松倉:いいね、やりたい!『SHOCK』が始まる前にやってくれた"行ってらっしゃい会"もめっちゃ楽しかったし。そのあと、元太がひとりで大阪公演を見に来てくれたのも、すごくうれしかったんだよね。
松田:うん、行きの新幹線ですでに泣いてたから、オレ。
松倉:まだ公演を見てないのに、「オレもう泣いてる」ってメールがきて、ビックリしたんだけど(笑)
松田:アハハハ!そういえば『SHOCK』を見に行ったときさ楽屋でまつくがふぉ~ゆ~のみなさんや先輩たちに紹介してくれたじゃん。オレ、今まであんまり話したことない先輩が多かったから、最初はどうしようと思ってて。でもまつくのおかげで自然に話せたし、やさしさを感じたよ。
松倉:元太は、博多座公演の最後のほうでも「ケガすんなよ~!」とかいっぱいメールしてくれて。うれしかったし、いいコだなって思ったよ。
松田:長期間の舞台だったし、最後までケガしないでがんばってほしいなと思って。
松倉:でも「早く帰ってきて、待てねーよー!」ってメールもめっちゃ来たよね(笑)。
松田:うん(笑)。やっと帰ってきてくれてよかったよ。
松倉:いっぱい遊ぼうぜ!
(duet 1月号)

元太くんもふぉ~ゆ~ちゃんたちとお話しできたんだね~。てか松倉くんの「いいコだなって思ったよ」発言(笑)。元太くんのこと何歳だって思ったんだよ(笑)「早く帰ってきて、待てねーよ!」っていうメール。元太くんの弟感!!!!松松が一緒にいるっていう遭遇ツイ見ただけでうれしかったな~。できれば2人がシンメで踊るパフォーマンスを少しでも見たかったんだけどな~わがままかな~。夏には元太くんがサマステで、秋には松倉くんがSHOCKで、冬には元太くんがジャニワで、そして春には松倉くんがSHOCKで別々のステージだけど確実に頑張ってるんだもんね~。別々のステージを通して成長した松松シンメが同じステージでパフォーマンスする姿が見れることを願ってるよ~。



オレね、『SHOCK』で共演した(松倉)海斗をめっちゃかわいがってたの。もうね、海斗めっちゃかわいいで!ピュアで一生懸命やし、だから「また共演できたらええな」って思ったくらい。『SHOCK』の最中は、ごはんもよくいっしょに食べたし、オレにいちばん懐いてくれてた…と信じたい!(笑)
内博貴
(duet 1月号)


「また共演出来たらええな」ってすごく嬉しい言葉だよね!また共演してほしいな~。きっといちばん懐いてたよーウチくん(多分ね…)


(対談にて)
え、じゃあ『「~SHOCK」経験して、太ももの筋肉がめっちゃ成長した世界選手権』は?オレ、優勝できる!
WiNK UP 1月号)

何だよその選手権www松倉くん太ももの筋肉めっちゃ成長したんだね~。松倉くんSHOCK通してすごく痩せた感じはしたけど太ももの筋肉めっちゃ成長したんだね!(メモφ(..))



まつく(松倉)が出ている『~SHOCK』が観たくて、大阪まで行ったの。堂本光一くんの横で、堂々としたオーラで演技したり踊ったりするまつくを見てたら、帰りの新幹線で感動と刺激とうれしさと悔しさ…いろんな思いがグチャグチャになって、ポロポロ涙が出てきたんだ。そこから1週間くらいずっと"今後、自分はどうするべきなのか"っていうことを考え続けて。正解かどうかはわからないけど、"とにかく自分から動くことだ。そして、何か自分の武器を見つけよう"って決めたの。そのあと、ちゃんと実際に動いて、新しい習い事を始めたりして。まだ内容はヒミツだけど、まだ誰もやってないようなことに挑戦中だから、いつか披露できたらいいなって思ってるよ。いつチャンスをもらっても大丈夫なように、自分磨きをしないとね!この出来事は、ホントに自分を大人にしてくれた気がする。まさに自分を変えてくれた『~SHOCK』な出来事だったよ(笑)。
松田元太)
WiNK UP 1月号)

元太くんのこのインタビュー大好きだな。なんか対談じゃ言えないことをインタビューだからこそ話してくれてる感じがして。基本雑誌は松松は同じ括りで、対談大好き芸人だけどこういう話は別括りで、インタビューだから聞けたのかな~って思った。「感動と刺激とうれしさと悔しさ…」元太くんのなかでたくさんお思いが入り混じったんだろうけど松倉くんの『SHOCK』での姿を見たことが元太くんにとっていい機会になってよかったなー。元太くんが新しく始めた習い事ってなんだろう。すごく気になる。いつか披露できるときを楽しみにしてるよー。


そんな疲れたオレを癒してくれたのが(松倉)海斗やってん。あいつは、ほんまにかわいい。めっちゃ純粋やねん。『Japanesque』の最後に海斗たちが階段をワーッって上がっていくシーンがあるやんか。あそこは、ほんまは光一くんに斬られてから落ちんねんけど、大阪公演のとき、そのまえに足を滑らせて海斗が落ちちゃったことがあったのよ。で、斬る相手がひとりだけになってもうたから、光一くんは必要以上にモロ(諸星翔希)を斬って、モロはそれを全部受けてたね(笑)。結果的には下にマットが敷いてあるから海斗も大丈夫やったんやけど、オレらは、すごく心配でさ。光一くんも階段落ちながらも気が気じゃなかったんやろうな。幕が閉まった瞬間にオレとふたりで「大丈夫か!?」って駆けつけたら、海斗、怖かったんやろうな。泣いててん。その姿がまたかわいくて、思わず抱きしめて血のりつけたったわ(笑)。いやぁ、キュンキュンした(笑)。
内博貴
WiNK UP 1月号)

このときカテコで光一さんが「俺より危ない階段落ちしないでくれよ~」ってちょっと笑いにしてくれて、松倉くんも笑顔だったみたいなレポみたけど1幕終わったときは泣いてたんだね(;_:)そりゃ怖かったよね。光一くんも階段落ちながらも気が気じゃなかったんやろうなって階段落ちながら気が気じゃないのはそれはそれで危ないけどね(笑)。光一さんも内くんもすぐに駆け付けてくれてありがとう。血のりつけたったわって(笑)ちょっと見たいじゃないか(笑)。ってか内くんの文章打っててよく思うんだけど、関西弁慣れてないから打ちづらい(笑)。なんか変な文章になってる気がしちゃうっていう私の話はどうでもいいか~。




次の2つはDance SQUARE vol.10の野澤くん、諸星くん、孝良くんとの対談より抜粋。

野澤:海斗は、大阪公演からひとりで初めて参加して大変だったと思うけど、終わってどう?
松倉:僕もまだまだやりたい気持ちが強いですね。今回、内君の曲のところでソロパートがあって、毎回ものすごく緊張してたんです。なのに、千秋楽のあともっと歌いたくなって、今も歌ってるんです。
諸星:そうなんだ!
松倉:そうしたら、声が結構出るようになっていて。やっぱり2か月感舞台に立っていたからなのかなって。
野澤:喉の筋肉も鍛えられるからね。
松倉:歌もダンスももっと磨きたいです。野澤くんがダンスの振り起こししてくれて優しいなって。
野澤:教えるのはあんまりうまくないけどね(笑)。
松倉:すごくうれしかったです。ダンスに関しては、ダンサーさんにも聞いたりしながら、指先の伸ばし方やアームの使い方といった基礎の形を意識して踊るようにしていました。

まだまだやりたい気持ち!帝国劇場での公演が楽しみだな~。毎回緊張してたっていうソロパートだけどすごく堂々としてたよ!!!!


野澤:2か月公演の間、大阪の休演日には海にもいったよね。
岸:ふぉ~ゆ~の辰巳(雄大)君と松崎(祐介)君も一緒にね。
諸星:和歌山の南紀白浜!みんなでわちゃわちゃと遊んで。
松倉:楽しかったー。
野澤:大阪では、海斗の希望で遊園地に行って。岸は参加できなかったけど。
岸:ちょうど友達が観に来てくれたので、神戸に行ってた…。
松倉:僕、整理券をもらうためにめっちゃ走りましたよ(笑)。
野澤:正直、22歳になってアミューズメントパークにうわ~とか興奮しないけど(笑)、海斗は17歳だから、僕らみたいに夜ご飯に行ったりあまりできないと思ってね。そうしたら、休演日が近付くにつれて「野澤くん、集合は朝何時にします?」とか、気合がハンパなかった!
松倉:大好きな映画のアトラクションに行ってみたかったんです(笑)。
諸星:あの…ボクはそもそもその映画自体を知らないっていう…。
野澤:アトラクションのゲートをくぐったモロが、なんだか迷子になった子供みたいだった(笑)。
岸・松倉:あははは。
諸星:だいたいこのふたり、歩くのがめちゃくちゃ速いんだよー。だけど、ゾンビが出るアトラクションがに入ったら、ずっと海斗が俺の腕に捕まってるの。ちょっとかわいいなぁと思ってしまった(笑)。
岸:海斗、僕が大好きなキャラクターのポーチをお土産にくれたんだよね。
野澤:そういうところで弟っぽさを出すんだから、ズルいよ(笑)。
松倉:(笑)。でも野澤君も楽しかったでしょ(笑)?
野澤:まあね(笑)。
岸:休演日はそうやってリフレッシュしたほうが、調子がいいよね。逆に休み過ぎると、翌日の公演がキツい!
諸星:そう、「Rock The World」ぐらいで変化が出てくる…。
松倉:だから遊園地の翌日は、すごく調子が良かったんじゃないですかね(笑)。でもホント、光一君を始めカンパニーのみなさんが温かく迎えてくれたからこそ、僕はこの2か月間やり切ることができたんだと思います。みんなの演技を見て吸収したり、歌唱指導の先生やダンサーさんたちに色々教えてもらえたりしたことがすごく大きくて。Jr.として活動するなかで、そういうチャンスはめったにないと思うし…。

全然絡んだことのなかった先輩方に「海斗」ってナチュラルに呼ばれてるのいいよね~。海斗が、海斗はってかわいい(笑)。休演日USJの話かわいすぎる~。「野澤くん、集合は朝何時にします?」って可愛すぎ~。そんでもって孝良くんの好きなキャラクターってなんだろう。スパイダーマンかな。スヌーピーかな。ミニオンズかな。また、帝国劇場では屋良くんとか福ちゃんとかコッシ―とか初共演だからたくさんのこと吸収してほしいな~。てか海斗は17歳だから…ってそうそう、松倉くんだけお酒飲めないんだよなぁ~ってメンバー見てずっと思ってたし、YMDのときもノザワがみんなに「飲もうぜ」みたいにクイクイッってやってカイトが「オレもオレも~」ってやってノザワに「お前はダメ―」ってやられてるのすごいかわいかったなーって思ってたし、でも気づいたらもう18歳だし、きっといつのまにか20歳になって、松倉海斗(20)になってさお酒飲めるようになっちゃって、たばこも興味本位で吸ってみてむせてゲホゲホいってたりしちゃうんだろうな~って同時に私も歳をとっちゃうんだね(なんの話)


(好きなシーン)
二幕の「MUGEN(夢幻)」です。一幕の最後にコウイチが本物の刀で刺されたあと、二幕の最初ではカンパニーがバラバラになっていて、色々なことがあって、みんながひとつになる。その瞬間をダンスで見せていくのがすごいなと。それをダンスで表現できるのが楽しいですし、僕自身、踊っていていちばん心にぐっときます。
(Dance SQUARE vol.10)

MUGENかっこいいよね。物語をダンスで表現できるっていうのはやっぱり舞台ならではのことだし。舞台でしか、SHOCKでしか経験できないことをたくさん経験できたね~。松倉くん、ふぉ~ゆ~、野澤くん、モロ、孝良くんとの8人での対談では夜の海が好きって言ってたけど、演じてみてかわったんだね~好きなシーン。


博多座公演千穐楽の挨拶より)
光一:じゃあ、若い順にいきましょうかね。じゃあ若い子から…(植草が一歩前に)いや、違いますよ(笑)!
内:いやいやいや(笑)
光一:どう考えたって最年長じゃないですか(笑)。
植草:ごめんごめん間違えちゃった。
光一:お願いしますよ(笑)?じゃあ(松倉)海斗から。
松倉:大阪1か月、博多1か月で稽古も合わせれば3か月。最初は長い期間だなって思ってたんですけど、『SHOCK』の物語をカイトという約で演じたり、演技や歌やダンスをお客さんに披露したりするのが、何よりすごく楽しかったです!だからすごい3か月があっという間だったなって感じました。はい。あとはあのー…。
光一:大丈夫だよ。何か言いづらいことでもあるのか(笑)?。
松倉:いやっ。違います(笑)。昨日お風呂で考えてきたんすよ。
辰巳:かわいいー(笑)!
松倉:3つ考えてきたんですよ!
光一:かっわいい(笑)!!
松倉:考えてきたんですけど、緊張しちゃって(笑)。
内:かぁわいい~!!キュンキュンや。
松倉:今、ひとつめ。
辰巳:今ひとつ、あとふたつ。
光一:あかんわ、今ので多分俺のファン全部持ってかれたわ(笑)。
内:もう押さえてますね!分かってるんすよ~。
松倉:そうですね。えーっと…。
光一:(笑いが止まらない)
松倉:光一君も含め、カンパニーのみなさん、あとスタッフのみなさんと、お客さん…すごい、感謝してます!ホントに心から感謝してます!
辰巳:あとひとつ。
松倉:この『SHOCK』で学んできたことを誇りに思い、これからも、あのー、Jr.の活動とかも頑張っていくんで、応援よろしくお願いします!『SHOCK』最高~!
全員:イェーイ!!
松倉:グダグダですいません。
光一:いや~、海斗かわいいなぁ~?
内:かわいいなぁ~。
光一:(観客に)ね?いいカンパニーでしょ(笑)?
観客:(拍手)
(Dance SQUARE vol.10)


いや、このお風呂で考えてきたってやばくないですか!?ねぇ!?この後も他の人の挨拶でずっと「お風呂で考えてきた」イジられてておいしい(笑)。内くんもキュンキュンだし、光一さんも松倉くんがかわいすぎて崩れ落ちてるし、ほんとSHOCKカンパニーの癒しだね松倉くんは。光一さんの言う通り本当にいいカンパニーです!!公演が何より楽しかったっていう言葉本当に嬉しいね。これからのJr.の活動もちろん応援させてもらいます!SHOCK最高~!!!









松倉くんのSHOCK初出演についての発言や対談、他のメンバーの松倉くんSHOCK初出演に対するコメント、千秋楽での挨拶などを私の基本的に激甘なコメントとともにお送りしたこの記事ですが気づけば12月、気づけば3万字超え!雑誌やパンフレットを開きながらパソコン打つのが大変だったり、一生懸命打った文章が消えちゃったりして「もう~」ってなったことは何回もあったけどすごく楽しかったです。長期間にわたって(ゆうても何カ月間)文章を打ったから、なんか私の文章の感じが違くて多重人格みたいになっちゃってる部分あるけどすごく楽しかったです。松倉くんの心情とか、周りの人たちが思ってることとか私のためにまとめたくてはじめたのでまた、2月帝国劇場でのSHOCKがはじまる前にでも読み返したいな~と思います。もしかしたらこれからも松倉くんSHOCK初出演に関する記事は出てくるかもしれないけど、このブログをここで完結(仮)とさせて頂きます。すごく楽しいんだけど、すごく時間がかかるんですこの作業(笑)。私の諸事象で申し訳ないのですがこれから人生のうちで何本かの指にはいるくらい忙しく精神削られる大イベントが待ち構えてまして、今も大学に遅くまでのこる日と、セミナーうけに授業ないのに大学行く日と、アルバイトする日々で、前みたいに暇じゃなくなってしまいました(笑)。雑誌が出てすぐに更新したいのに…なかなかできなくなっていました。きっと忙しい日々でもこのブログで色んな記事は書いていくと思うんだけど「雑誌が出たら更新しなきゃ」っていうのがちょっと難しいな…となってしまいましたっていう言い訳です(笑)。でも、私の性格上きっと出た記事はできるだけまとめたいな~って思っちゃうので忙しい忙しいとか言いながらもしかしたらぬるっと更新しているかもしれません(笑)。だから(仮)です(笑)。でもきっと2月からは帝劇でのSHOCKだし、梅芸、博多座のSHOCK公演についての発言は減っていきそうだな~っていうのが私の予測です。


これにてこの記事は完結(仮)。文章が長いことでおなじみの私ですがこの記事は引用がたくさんあるのでもう一度いいますが3万字超えです。ちなみに3万5000字超えているので四捨五入したら4万字です。私の語彙力のない激甘コメントも添えてあるので読みづらい部分多々あると思いますが「松倉くんがSHOCK初出演のときどういう思いだったのか」「まわりの人たちはどう思っていたのか」「カンパニーのみんなとどういう会話をしてたのか」気になるとき+とっても暇なときに読み返して頂けたら嬉しいです(笑)。