読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはきっと幻じゃない

私の私による私のためのブログ

松倉くんのここが好き!19の推しポイント

松倉海斗くんお誕生日おめでとうございます。
あっという間に19歳。松倉くんの10代最後の1年間がはじまりますね。
18歳のほうが尊いし、19歳ってなんか特に何にもないな~って思ったけど、
10代最後っていうとなんだか尊いし、青春っぽい。
松倉くんがアンケートで「~19歳」のところにまるをつけられるタイムリミット!
松倉くんがカルピスサワーを飲めるようになるまでのカウントダウン!そんな1年ですね。


本日は松倉海斗くんお誕生日記念!
「松倉くんのここが好き!19の推しポイント」と題しまして私が松倉くんの推しポイントを19個ただひたすらに語っていくブログです。
来年に20個やるとかそういうわけじゃないですよ?来年は来年考えます。20歳だし松倉くんに飲んでほしいお酒のブログでも…あ、カルピスサワーだった。決まってた。
それでは松倉くんのここが好き!19の推しポイントスタートです。
※好きなとこランキングではないので順番は関係ありません。




1、ダンスが上手
私は嫌いなジュニアはいないつもりなんですけど(ジャニーズJr.という存在が尊い)、得意じゃないJr.は踊れないJr.なんです。
ここで誰かは言いません。ご想像にお任せします。

松倉くんって自他共に認めるシャカリキダンサーだった過去を持つのですが、今でも松倉くん=シャカリキダンサーのイメージを持っている人って結構いると思うんですよ。そんな人たちに今の松倉くんのダンスぜひ見てほしいです。「シャカリキだけだと思うなよ?」って感じです。

ここ最近本当にめっきりダンスが上手になったな~と思うし、SHOCKの影響って本当に大きいな~と思っているのですが、久々にシャカリキダンサー時代の松倉くんをみたら腕はどっかに飛んで行ってしまいそうだな~と思いましたが、あの時代からダンス上手でした。今のほうが上手ですけど。
私が好きになったのは現役バリバリのシャカリキダンサーの頃だったので「ダンススキルに惚れた」というよりも「一生懸命さに惹かれた」というほうが正解だと思います。
踊れてナンボのジャニーズJr.



2、歌える
歌がうまいっていう表現は違うと思ったので「歌える」という表現にしました。
松倉くんSHOCK出演にあたり、光一さんに「歌どうなの?」と聞かれ「歌えないです」と答えたというエピソードをもつ松倉くんですが、いやいやいや皆さん思いますよね?「歌えてるよ?」って。
SHOCKでの歌い方とサマステでの歌い方って違うと思いますけど、どっちも歌えてました。

大我や林くん、シャニ様と肩を並べられる!なんてことは言いませんが「松倉くん歌えてるよ?」と言ってあげたい。
今日、大嫌いな教習所に行って車を運転してきて「○○さん(私の苗字)運転下手じゃないんだから、自信持ってよ。」と教官に言われたのですが、そんな言葉をかけてあげたい。
「松倉くん歌下手じゃないんだから、自信持ってよ。」って。

Jr.でやっぱ1番に大切なことってダンスかな~って思うけど、メインはったり、デビューしたり、これからの松倉くんの未来にはきっとマイクをもって歌うシーンがたくさんあるだろうから自信持って!「君!歌える方のJr.だから!」


3、Endless SHOCKカンパニーの一員
なんか、年収の高い男の人の役職に恋しているみたいな感じで嫌なんですけど(笑)
何度考えても「SHOCKカンパニーの一員」「Endless SHOCK出演」ってかっこよすぎるんですよね。
だって!あの!キンキの堂本光一様が!前田美波里様が!少年隊のかっちゃん様が!やらっち様が!内くん様が!ふぉ~ゆ~様が!SHOCKカンパニーの皆様が松倉くんのことを知っているわけですよ?キンキ担の方なども名前や、存在を知ってくれているわけですよ?何それかっこいい。

私はもともとコンサートよりも舞台のほうが好きなので、SHOCK出演は本当に嬉しかったです。
Jr担と飲みながら「舞台出てほしい」「SHOCK出てほしい」って言ってた次の日に博多座がフライング発表をして動揺しながらバイトをしたことは今でも思い出せます。

たくさんのことを学んでいろんなことを経験して素敵な仲間が出来て、
松倉くんのこれからの人生の中でSHOCKってすごく大きな存在になると思うんです。はあ~SHOCKカンパニー最高です。



4、誰よりも歌ってる
最近よりもシャカリキダンサー時代のほうがこの印象は強いですが松倉くん誰よりも歌ってましたよね。
マイク持ってなくても、ついてなくても、マイク持ってる子たちより歌うんですよ。最近は曲調に合わせて色々かえてきてると思うんですけど、今でも楽しい曲のときはめっちゃ歌いますよね。
でも松倉くんってきっと英語得意じゃないから、英語の歌詞のときはいつもより歌わないんですよね。かわいすぎ。
未来の祭典のときは「Let's go to the 20 20」のとこはめっちゃ歌います。あとCan't Take My Eyes Off Youでは「I love you baby」のところはめっちゃ歌います。
かわいすぎか。

「全ちびっこJr.に告ぐ!かっこつけるのは後からいくらでも身に着けられる!今はとにかく笑え!とにかく歌え!マイクがついてるとかついてないとか関係ないんだ!マイク持ってるやつよりも歌え!シャカリキダンサー兼シャカリキシンガー時代の松倉くんを参考にするんだ!少クラなら貸す。以上だ。」



5、顔がかわいい
なんだか最近めっきり大人っぽくなりました。はい、18歳の1年間でだいぶ大人っぽくなりました。でも!顔がかわいい!!!!!!!!!!!!!!!!
結局のところお顔がかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!

19歳の時点であのお顔ですよ?これからずっとかわいいんでしょうね。
顔がかわいい。これについてはもう書きようがないよ。だって顔がかわいい。っていう話だから。



6、かっこいい
みなさん、松倉くんに対しての褒め言葉に「かわいい」という言葉ばかりを使っていませんか?
まだまだですね。(誰)
松倉くんが超かっこいいのを知らないんですか?
まだまだですね。(誰)(2回目)
昔は、「かっこつけようとしてる松倉くんかわいい~」ってなってましたよ。私も。結局かわいいに落ち着いてましたよ。

松倉くんのこと「かわいい」としか思ってない皆様にクレムン超見てほしい。かっこいいから!!!!!!
松松のCrazy Moonを少クラで…以下略。
松倉くん本当にかっこいいから!最近大人っぽくなってきて男の子から男になるような。なんというか。成長しているのです!

かっこいいもできるんだからね!
かわいいとかっこいいと尊いの三刀流なんだからね!ゾロもびっくりだからね!



7、入所した理由が素敵
嵐のコンサートを観に行って、僕もあのステージに立ちたいなって思って入所したんですよ?
何ですか!その素敵な理由は!

そもそも私はお姉ちゃんやお母さんに履歴書を「送られた」Jr.より、自分で「送った」Jr.が好きなんですよ!
なんかいいじゃん!自分からやりたい!っていう感じ!

まあ、松倉くんの尊敬する二宮パイセンは「送られた」側ですけどね。

同期や後輩が続々と嵐のバックについておりますが、松倉くんもいつか嵐と!二宮くんと!共演できるといいですね。
共演ってバックだけじゃないじゃん。松倉くんがデビューしてさ、カウコンで二ノと秘密を歌うかもしれない未来。なんて素敵なんだ。



8、尊敬する先輩がかわらない
なんかコロコロかわる人いるじゃないですか?それに比べて松倉くんって絶対「二宮くん」って言うじゃないですか?
SHOCKでの共演により、光一さんと少年隊さんが追加されましたが、追加されることはいいんですよ。だって、いろんなことを吸収できるからでも二宮くん好きはいつまでも卒業しないでほしいなーとなんとなく思いますね。

ジュニアにQの僕の願いのときに「二宮くんとドゥェットしたい」って言ってたように、ここぞとばかりに二宮くんトークをしようとするところがかわいい。
ニノはじめ、光一さん、少年隊さんからいろいろなことを学んでほしいですね~。

あとは、二宮くんにしっかりと認知されてほしい。光一さんつかってどうにかならねーかな(笑)



9、お口を誰よりも動かして喋る、歌う
Uの発音をするときに松倉くん以上にお口を「う」のかたちにして話す人、歌う人っているのかな。きっといない。
はっきり喋ろうとしている表れなのかよくわからないけど、昔よりお口が動くようになった。

松倉くんってきっとトーク苦手だと思ってて、自分の頭の中でゆっくり考えながら話すから語尾がのびることがよくあって、それで「話し方がチャラい」なんていわれることがたまにあるんだよね。チャラいんじゃないんだよ。考えてるの、考えてるから語尾がのびちゃうの。だから「う」のお口のままとまってることがあったりしてナニコレ愛おしいっていう感じ。

ゴゴスマのラッキーアイテムの時に石井さんが「声がかわいい」って言ってたけど、私的には「お口がよく動くところ」「頭の中で考えながらゆっくり話すところ」「それで語尾がのびちゃうところ」「話しながら、あれ?これでいいんだよね?ってちょっと不安になってるところ」「トーク苦手と思ってるはずだけど、積極的にトークに参加しようとするところ」全部含めて松倉くんのお話の仕方が好き。



10、贔屓目なしに舞台に向いている
松倉くんは藤原竜也タイプだと思うんですよ。超舞台向き。超舞台向き。いや、ドラマも出てほしいけど。
まいジャニ見ました?ジーコとのお芝居のシーン見ました?藤原竜也じゃんって思いましたよね。はい。

正直、ガチャのニコ兄大好きだけど、贔屓目ありでも演技うまいとは言えないと思ってしまった。
しかし!SHOCK!ジャニフワ!超うまいじゃないですか。心揺さぶられるじゃないですか!藤原竜也じゃないですか!
ダンス上手いし、歌えるし、舞台での演技うまいし!もう舞台向きJr.ですよ!贔屓目なしに!

いや、テレビももちろん出てほしいんだけど、アイドルソングもいっぱい歌ってほしいんだけど、ドラマだって出てほしいんだけど
松倉くん超舞台向いてる。超藤原竜也

きっとドラマだって今やったら、また何か違うと思うから見たい。
でも、超舞台向いてる。超藤原竜也。(しつこい)

※ちなみに私は藤原竜也を舞台で観たことはない。




11、難しいことを楽しめる
私は松倉担をやっていて、何度も「松倉くんを好きでよかった~」と思わせて頂いている幸せなヲタクなのですが、直近で強く「松倉くんを好きでよかった~」と思ったのがこの前のまいジャニなんですね。
おすすめシーンでジーコとのお芝居のシーンのお話しをするときに「自分たちの感情でお芝居するっていう、すごい楽しいですね。」って言ったんですよ。
楽しいですね。って。この言葉を聞いたときに「はぁ~ほんとに好き!」ってなった。
そのあとにジーコに短いから感情が入れにくいって言われて「難しいですよね」って返してるけど、1番に出てくる言葉が「楽しい」なんだよ!

きっとSHOCKだって、今までのお仕事だって、難しいこといっぱいあったと思う。でも松倉くんきっと全部楽しんでたんだろうな~。だから私松倉くんのこと好きなんだよな。

これからもいろんなこと楽しんで!頑張ってね!



12、(きっと)言われたこと以上のことをする
私は松倉担をやっていて、何度も「あ~この子やっぱり好きだわ~」と思わせて頂いている幸せなヲタクなのですが、直近で強く「あ~この子やっぱり好きだわ~」と思ったのがジャニフワなんですね。(というかジャニフワ以来松倉くんを見ていない)

特に思ったのがスネアラインのときに左右に傾きながら(?)、左右に揺れながら(?)スネアを叩くシーンがあったんですけど、そこで松倉くんは目線が左右に動いていたんですよ。「あ~こういうところほんとに好き!」ってなりました。

きっとほかの子はやってませんよ?まあ、松倉くんしか見てないのでわかりませんが。
指示を出されたときに、自分を1回通してから表現することが出来る子なんだな~と感じました。

だから、きっと模索しているんだろうな~っていうときは「前のほうがよかった」とか言わないで見守っていきたいですね。できるだけ。
完成されたものが見たいならマイケルジャクソンでも見とけっていう話ですよ。はい。



13、自分のマイナスな部分を見つめることが出来る
最近の松倉くんのテキストですごく好きなのが寝巻男子のテキストなんです!

人の目を気にしすぎちゃう。人によく見られたいって思ってる。元太とか積極的にいけて羨ましい。すごいコンプレックス。自分のペースで克服していきたい。

自分を客観視することってすごく大切だと思う。でも難しいことだと思う。
自分はここが悪い。克服したい。って言うのってすごく勇気のいることだと思う。それが出来る松倉くんってすごく強いんだろうなーって思った。

きっと多くの人が松倉くんのタイプだと思う。私もそうだし。
でもきっとそういう松倉くんだからわかることもある、気づけることもある。だから無理して変える必要もないのかな~なんて思う。
でも、松倉くんが理想とする自分、なりたい自分に少しでも近づけるといいな~と思います。



14、なんか恋愛が苦手そう
別に担当がリア恋枠ではないので、松倉くんの恋愛観とか正直どうでもいいんですけど
松倉くんってなんか恋愛が苦手そうなんですよ(笑)

さっきの寝巻男子のテキストの超好きな部分!

たぶんオレ的に、いろんな人によく見られたいって気持ちがどこかにあるからで、自分を好きになってくれる人だけついてきてくれればいいの逆なんですよね。それは仕事に対してだけじゃなく、友達もそうだし、きっと恋愛とかもヘタっすよ。

きっと恋愛とかもヘタっすよ。

きっと恋愛とかもヘタっすよ。

きっと恋愛とかもヘタっすよ。


何この言葉の破壊力。
私がananの編集者やってて、松倉くんにインタビューしたときにこの回答が返ってきたら、インタビューページの見出しとして大きな字で書くよ!
きっと恋愛とかもヘタっすよ。って。

きっと恋愛とかもヘタっすよ。な松倉海斗くん超かわいい。



15、ご家族の温かみを感じる
松倉くんって大事に育てられてるんだろうな~って見てて思うんですよね。温かいご家族なんだろうな~って。
SHOCKに出演がきまったときも、ジャニフワに出演が決まったときも、二宮くんのラジオで松倉くんの名前が出たときもケーキでお祝いするんです。
なんですか!温かすぎる!家族が温かすぎる!

ガムシャラでおばあちゃんが作ってくれる豪華なお雑煮を見て思ったけど、松倉くんのお家って冬至はちゃんとゆず湯にしてそうだし、年明けはちゃんとおせち食べてそうだし、ひな祭りにはちゃんとお雛様かざってそうだし、そういうこと全部ちゃんとやってそう。十五夜にはお団子食べてそう。

なんでかってさ、松倉くんの字ってきれいっていうより、留はねがしっかりしているじゃないですか。
あんな留はねがしっかりした字を書く子が育つなんて、お家がしっかりしているに決まっているのです!



16、勉強熱心
めっちゃ見学行くじゃないですか?見学って本当に大事だと思う!先輩、同期、後輩いろんなステージをみていろんなことを吸収するのって本当に大切なことだと思う。
また、寝巻男子のテキストの話になるけど、辰巳くんに相談する。トーク力がすごい。ラフにやってるところが。そういうのを学びたい。

はぁ~松倉くん好き!

まいジャニで関西Jr.の印象について「笑いのセンスがすごい」って言って、ジーコに「お遊び」って言われて、それに対して「でも、すごいな~って思います。自由に楽しんでるのが」っ言ってたけど、そういうことなのかな?ラフに楽しめてる関西Jr.がすごいな~って。

関西Jr.もSHOCKカンパニーもなかなか共演することが出来ない人たちだから、いっぱい刺激をもらって、いっぱい吸収して、いっぱい表現してほしいな~と思いました。

松倉くんの見学レポ流れるたびに、「今日も勉強しにいってる」って何だか嬉しくなる。


17、物怖じしない
なんか、松倉くんって人見知りなところあるし、結構緊張するタイプだと思うし、SHOCKの稽古とか勝手に心配してたんだけど(誰)
そういうときは以外どドシッっとしているというか、肝がすわっているというか。
SHOCKカンパニーにそういうところを褒められていた印象が強いんだよね。

私たちが生きている世界よりも「初めて」「新しい」ことがいっぱいの世界で生きている松倉くんにとって
「じゃあやってみて」って言われて、とりあえず「やってみる」ことができるのってすごく武器だと思うんですよ。

これからもその武器をこれからも大切にしてほしいな~と思います。



18、年上キラー
松倉くんってかわいいじゃないですか。お顔と中身が。だから年上キラーなんですよ。
SHOCKカンパニーをはじめ松倉くんって先輩にかわいがられるイメージ強くないですか?だってかわいいですもんね。

先輩にかわいがらられる松倉くんという図は大好物なので年上キラーこれからも存分に発揮していってほしい。
もちろんだけど意図的にやってない、狙ってやってないのがいいよね(意図的にやってたらこわすぎる)

しかし、松倉くんも19歳、年下のJr.だっていっぱいいる。
後輩をかわいがる松倉くんという図も大好物なんで、後輩ちゃんと積極的に絡んでいってほしい。慕われてほしい。
吉岡廉くんの他にも松倉くんに憧れるJr.が出てきてほしい。
皇輝とのWUの企画みたいなのを他のJr.ともやってほしい。


松倉くんってファンに対しても年上キラーな気がしてて、
私が仲良いヲタクが私と同い年、もしくは年上ばっかりだからかもしれないけど、
松倉くん(元太くんも)ファンの年齢層高めな感じがるすんだよね。BBA!




19、愛が重たい
元太くんに対する愛が重たい。
「お互いが別の場所で経験したものを合わせたら、もっと強くなれる」「2人がそろったのがほんとに奇跡。元もし太が居なかったら今の自分の位置もない。」「ひとりよりもふたりがいい!やっぱ元太といっしょだと安心できるし。」「コンビといえば松松って世間に認めてもらいたいから遠慮はしないって決めたんだ。」「運命のパートナー」

元太くんって愛を小出しにしてくるというか、いつも「まちゅく~まちゅく~」って言ってくる感じで、それに対して「構うと調子乗る」っていつもは塩なくせに、実は松倉くんのほうが愛が重たくていきなり、ズドン!ドカン!って重たい愛を届けるからほんと好き。

きっとお互いがお互いを尊敬してて、お互いがお互いをライバルだと思ってて、お互いがお互いを仲間だと思ってるんだよね。


さあ!みなさんご一緒に松松尊い





以上!松倉くんのここが好き!19の推しポイントでした。
これ以外にも好きなとこいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっぱいあるけどね。
松倉くんを好きになったおかげで出会うはずのなかった人たちにたくさん出会えて
「松倉くんお誕生日おめでとう」って言ってくれる友達ができて、本当に幸せです。

松倉海斗くんお誕生日おめでとう!君の未来に幸あれ!

ジャニーズ銀座2016~クリエJ魂公演~


ジャニーズ銀座2016
この出演者スケジュール表には書かれていない公演が存在したのをあなたは知っていますか?


5月9日(月)14:00 18:00 5月16日(月) 14:00 18:00
の全4回。クリエJ魂公演です。



この3人がJ魂。右からチャンさん、ナン、アズです。


嘘です。一応2人のTwitterからツイートを張っておきます。




twitter.com

twitter.com




3人のユニット名はJ魂。2016年5月に記念すべき初メインクリエが密かに行われていたのです。



3人だけじゃ寂しい。ステージに3人は物足りない。もちろん、Jr.に協力をしてもらいました。

前田航気、根岸葵海、森継亮太、目黒蓮、基俊介、海宝潤(以後「無所6」表記)
川崎皇輝、ヴァサイエガ渉、豊田陸人、黒田光輝、内村颯太、元木湧(以後「ちび6」表記)

彼ら12人と15人で素敵なステージをお届けしました。









()内はバックにつくJr.です。()のないものはJ魂3人だけです。


SUMMARY(全員)
SUMMARYから始まるクリエって結構あるけど、あの壮大な感じで始めたかったんだ。

愛は味方さ(全員)
松井五郎さんの作詞に馬飼野さんの作曲は本当に神だと思ってる。

Believe Your Smile(全員)
アズがジャニーズの歌の中で1番好きだから。



~挨拶~
軽く自己紹介というかなんというか挨拶。



Prince Princess(ちび6)
私たちが挨拶をしている間にちび6ちゃんがせっせとスタンドマイクを用意してくれます。

この星のHIKARI(無所6)
ちゃんさんがジェシーパートで私が大我パートでアズがその他。

Love Situation(無所6)
チカヅキタイはチャンさんのセリフ。



アジアの夜(チャンさんソロ)(ちび6)
君は幻のLady

Master Key(アズソロ)(無所6)
アズのソロはこれ一択。

ABC・YOLO moment・3秒笑って(ナンソロメドレー)(ちび6)
まさかのメドレー。



Crazy Accel
アレンジしてイントロを長めにしてチャンさん→アズ→ナンの順番でソロダンス。



ぶつかっちゃうよ(全員)
ファンサ曲。

愛ing(全員)
ファンサ曲。

Hey! you!(全員)
ファンサ曲。



SIX SENSES
これは私が好きなパリピソング。

Party Don't Stop(ちび6)
オハヨゴザイマス



~MC~
入場のときにビンゴカードを配ってビンゴ大会をしました。1位~3位のお客さんにはJ魂が撮影でつかったサイン入りグッズが贈呈されました。ちなみにビンゴカードの裏面にはJ魂イチ達筆のアズが「J魂」と筆ペンで1枚ずつ、丁寧に書きました。書いている間、私とチャンさんは遊んでました。



Sliver Moon(アコースティックver)
このために3人は楽器を練習しました。MCからの流れで座って聞いてもらいました。

桜咲くCokor(ちび6→無所6)
ちゃんとお布団も使いました。

HiHI JET(全員)
ジャニワとかでやる壮大verのやつ。



ちび6による 待ったなんてなしっ!
私がちび6が歌いそうな歌を歌っちゃったからこれしか思いつかなかった。

無所6による Finally Over
かっこよかった。



Brother(ナン&チャン)
しょうれんに負けない。

約束の歌(チャン&アズ)
ふかほくに負けない。

山手線内回り~愛の迷路~(アズ&ナン)(ちび6)
タキツバに負けない。



THE DREAM BOYS
チャンさんソロダンス有。

勝つんだWIN!
We Gotta Win



J魂幼少期の思い出コント(?)
これは完全にふまソロのオマージュ。ちなみにナン→皇輝、アズ→陸人、チャン→ヴァサが幼少期を演じました。

ワイルドアットハート
スタンドマイクはちび6らへんがせっせと準備しました。

HONEY BEAT(全員)
笑って 笑って 笑ってのところみんなで顔見合わせて、お互いに向けてやって本当に微笑ましい。



~J魂の今までを振り返るようなJ魂のナレーション付きスライドショー~
新規も古株も涙がとまらない。

season
後ろにスライドショーを流しながら歌いました。

愛のかたまり
ほらみんな好きじゃん?

~挨拶~
今日は本当にありがとうございました。的な挨拶。最終日はアズが泣いてました。

星屑のスパンコール
客席の片隅に君を見つけたい。



空のスクリーン-rainbow in my soul-(アンコール)(全員)
アンコの1曲目にぴったり

Can do! Can go!(アンコール)(全員)
楽しいでしかない。

REAL DX(アンコール)(全員)
楽しいでしかない。曲終わり、メロディーだけ流しながらバックについてくれたJr.の紹介。



勇気100%(ダブルアンコール)(全員)
会場全員が歌えて、全員が踊れる最高の曲。



SUMMARY(最終日のみトリプルアンコール)(全員)
最高のクリエでした。














人知れず、こんなクリエJ魂公演が行われていたのです。ジャニーズ銀座2017でもきっと密かに開催されることでしょう。ぜひお気軽に足を運んでみてください。

私って #こんナンです ~フォロワーさんによる他己紹介~

フォロワーさんを紹介するブログを書きたいと思ってたのにフォロワーさんに紹介されるブログを書いています。
ほら、他人のほうが自分のことよく知ってるっていうじゃん?
就活のときも自分の良いところや悪いところを他人に聞きなさいって言われたよ。聞いてないけど。

ということで私のことを私よりもよく知るであろうフォロワーさんによる他己紹介です!




twitter.com
この子がたくさんツイートしてくれたおかげでこのブログは成り立っています。そう私は松倉担。
いろいろとこじらせてる記事だけどよかったら
miyujcon.hatenablog.com





阿部ちゃん大好き。




でもダテ様も大好き。というかみんなダテ様好きっしょ?
ちなみにスノだとあべだてかあべふかが好きです。




これに関しては過去記事参照。
miyujcon.hatenablog.com
でも最近、林くんと結婚したすぎて。バイト中に若い夫婦を見ただけで「林くんと結婚したいな~」となるくらいには重症です。
大好き程度で林翔太くんと結婚したい。




時給払うからデートしてほしい。雄大くんとは結婚したくないけど縁の良毅くんとは結婚したい。




twitter.com
チョコさん曰く珍獣LINEの94年組です。人呼んでウエスリー世代。




twitter.com
早生まれだから94年組だけど95年生まれです。亀梨と誕生日同じです。祝ってくれると結構なテンションで喜びます。





エイトからジュニアに降りるという特殊形態。みなさん知ってました?元大倉担だって。





あとは「松倉くんかっこいい」と「松松尊い」と「林くん結婚して」






朝井さん超おすすめです。やっぱり何者かな。本そんなに読まない人でも読みやすいと思う。
あとは伊坂幸太郎さんとか湊かなえさんとか読む。この間読んだ原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』っていう小説も面白かった。





新幹線は乗りなれているので余裕なのですが飛行機はまだ7回しか乗ったことないので緊張する。こどもか。





私はそんなにカレーを食べない派です。あんまり好きじゃないので。
もともとは本名でTwitterやってたけど久々にフードコートでカレーとナンを食べて、ナンが美味しすぎたので名前をかえました。
本名でやってた頃からのお友達もちらほら。




twitter.com
カレーは好きじゃないけどマッコちゃんは大好きよ?
ちなみにマッコちゃんは本名でやってた頃からのお友達です。なのにまだ会ったことない。





このブログもサーフェスで書いてますよ。やっとサーフェス先輩の分割払いが終了を迎えそうで走り回りたいくらい嬉しい(現実)





エメラルドグリーンのリュック懐かしすぎる。高校生のときはブラインドタッチできなかったんだけど大学生になっていつのまにか出来るようになってた。パソコンで文章かくの好き。マンゴーとタピオカが苦手。そしてシナモンも苦手。アロエも苦手。アボカドも美味しいと思えない。から女子じゃないっぽい。でも抹茶は好き。




明日世界が終わるなら、最後の晩餐はなめこ汁と母のつくったお好み焼きを希望します。





北斗担をジャニヲタに戻し、深澤担をジャニヲタにして、母親をジャニヲタにした私。
ジャニーズ事務所さん!ご紹介割引とか招待ポイントとかないんすか?
前に深澤担とDヲタの話してて、私がDヲタだったら深澤担をDヲタにする自信あるっていったら深澤担も「なると思う」って言ってた。






イヴにジャニワに行くという偉業を成し遂げて、イヴという名前に押されてカップルだらけのクリスマスマーケット行って、イヴという名前に流されて「帰るのは違う」とか言ってカラオケオールしたのは馬鹿すぎるけどいい思い出。




今年はおばあちゃん家行っちゃうから無理そう。




twitter.com
洋服の趣味があうので、深澤担と行くセールはいつも良き買い物ができます。
ちなみに洋服といえばゆるっとwearをはじめて、楽しんでる。普通に洋服好き。化粧品も好き。
会ったことある人はわかると思うけど、ジャニヲタみたいな服着ないからね?





今でもバイトに行く自転車で1人SHOCK上演してる。よくやるのはYMDと屋上のシーンかな。観たいを超えて出たい。SHOCK。




予習に使ってたのは人のブルレイ。この前久々に観たけど全然擦り切れてなくて安心した。





来世のために予習してる。






鍵っ子ちゃんのツイートはこんな感じで紹介します。
ジュニアに詳しいだなんて!まだまだ勉強中です。
私ってもともと1人○○とかそんなに抵抗がないタイプなんだけど、お家大好き行動力皆無人間だから、1人で出来るけど1人でやるほどの行動力がないみたいなところがあって、ジャニヲタだからこそ経験できてることがあるかなーと思う。カラオケと飲み楽しみ!






ブログやらツイートやら褒めてもらえるの本当にうれしい。みんなが想像してる300倍気持ち悪い顔でニヤついてる。ほわっとしてるらしい。怖くないよ。私。




わー本当にブログ褒めてもらえるの嬉しい。もうすぐ踊りだしそう。プラマイちゃんのアイコンに関しては、ナンの顔だと思ってるからあんまりかえないかなー。3次元のアイコン落ち着かないし。





常識人
くだらないことばっかりツイートしてるけど、うん、意外としっかりしてるんですよ。お世話になってるフォロワーさんランキングをはじめ私の中の色々な○○なフォロワーさんランキングの首位を走ってる鮭ちゃん、これからもお世話になります。
プラマイちゃんの立ち位置、サンチェよりも厳しめ。





食べ物同盟2人目~。ナンは基本は白だけど焦げてるところは茶色いから色もお揃い。海底火山みたいって言われるのはじめてだしきっとこれからもないと思う(笑)チョコさんはこんな風にいい感じに書いてくれているけど
私は結構めんどくさいヲタクです。





世渡り上手かはわからないけどこれからもスイスイやっていきたいね。チョコさんにも冷静って言われたけど…そうなのかな?
ちなみに同窓会の幹事は小川くんですから




これ、思うんだけど、松倉担がいちばん「まつく」って呼んでないきがする。まつくなんて呼べないもん、まちゅくなんて呼べないもん、松倉くんがしっくりくるんだもん。





きゅるるんが名字だと思ってるから、きゅるるん風雅だと思ってるから。
もしくは大西きゅるるん風雅










以上が私のフォロワーさんによる他己紹介でした。
私って #こんナンです
私のこと少しは知っていただけましたか?

いつかフォロワーさんを紹介するブログを書きたいと思ってるので、そのときは今回参加してくれたフォロワーさんは勝手に紹介するのでよろしくお願いします。


ご協力ありがとうございました!とっても楽しかったこのタグ!このブログ!

真ん中に立つひと

小学校のときから、いや幼稚園のときからクラスの中心にいる男子は決まっていたような気がする。

かっこよくてみんなから人気だったり、とても面白くてクラスメイトを笑わせるのが得意だったり、周りに気を配れてクラスをまとめることが得意だったり、運動神経がよくてクラスのヒーローだったり。

なんで彼らがクラスの中心にいるかなんて考えたことがなかったけれど彼らは真ん中に立つ素質を持っていたんだろうなと今思う。

私はそんな彼らをクラスの端っこから眺めてる女子生徒Dだった。でも女子生徒Dだって「3年1組」という劇の立派な出演者だ。






「JOHNNY'S Future WORLD from 帝劇 to 博多」を観劇した。

平野紫耀くんはきっと真ん中に立つ素質をもっているんだろうなと漠然とおもった。


それは平野くんがたくさんの女の子を魅了するかっこよさを持っているからなのか、天然で愛されるキャラクターだからなのか、ダンスやアクロバットができるからなのかわからなかった。

でもステージの真ん中に立つ彼をみてきっとこれからも真ん中に立っていくんだろうな。と思った。だって彼にはその素質があるから。






私は嵐というグループが好きだ。遅い遅いジャニヲタデビューは彼らのファンになったことがきっかけだ。今は母親が嵐を好きになってコンサートとかは運よく当選したときに母親に「ついていく」とい表現が正しいような状況だけど、私は嵐というグループが好きだ。

だって誰が真ん中に立ってもかっこいいから。

誰が真ん中に立って踊っても歌ってもしっくりくる5人組の嵐が好きだ。

でも嵐だって昔からそうだったわけじゃない。


クラスの真ん中に立つ男子と女子生徒Dの私ほどの差じゃないけど嵐だって真ん中に立つ人と端に立つ人がいたはずだ。





miyujcon.hatenablog.com

前回の記事でも書いたけど
松倉くんがステージのどこに立ってようが私にとってはメインだしセンターだ。私にとっては松倉くんが真ん中に立つ人なんだ。私にとってはジャニーズフューチャーワールドでも松倉くんが真ん中に立つ人だった。だけど、一般的にみたらそうじゃない。

今回のジャニーズフューチャーワールドでも他担の方が褒めてくれているツイートをたくさんみた。すごく嬉しかった。やっぱりジュニア担をやってて他担の方が自担を褒めてくれること以上に嬉しいことってないんじゃないかなーと思った。
「松松がいると舞台が引き締まる」「目を奪われた」「魅せられた」すごく嬉しかった。
踊れるし、表情豊かだし、贔屓目なしに松松って舞台向いてると思うし、松松って舞台好きだろうし、前回の記事であれだけ「少クラでメインをやらせてくれ」って言ってた人が発言することじゃないけど舞台班として職人の道を歩むのも悪くないんじゃないかなーと1人で思ったりもした。

でも

松倉くんが「デビューしたい」と言う。

だから

私は「デビューしてほしい」と思う。


非ジャニヲタの友達に「松倉くんにデビューしてほしいの?」って聞かれることがあるけど、私の回答はいつも「松倉くんがデビューしたいって言ってるからしてほしい」だ。





嵐をみていると真ん中に立つ素質を持っている人もいるけど真ん中に立つ能力って後からいくらでも身に着けることが出来るんじゃないかなと思う。
クラスという概念があった幼稚園の年少さんから高校3年生までの15年間ずっと園児D子ちゃん、女子生徒Dだった私だってあと5年、あと10年、あと20年クラスという概念のなかにいたらもしかしたら真ん中に立つ能力を身に着けることができたかもしれない。


ユニットを、グループを組んだ当初は無理かもしれない。デビューしてすぐは無理かもしれない。5年後、10年後誰が真ん中に立ってもかっこいいグループになってほしい。松倉くんがどんな人とグループを組むのかわからない。どんな人とデビューするのかわからない。でもそんなグループになってほしい。最高の仲間と頑張ってほしい。


そんなことを思う。

松松のCrazy Moonを少クラでやらせてください

お願いします。
松松のCrazy Moonを少クラでやらせてください。





9月12日、少クラの収録に久々に行ってきた。




絶対にいると誰に言われたわけでもないけど絶対にいると思って団扇をもってウキウキしていってきた。
松倉くんは、松松はNHKホールにいた。森継と目黒と4人組なのか?ってくらい一緒にいた。4人で5曲、そして松松としては熱血バトルのお手伝い。たくさん出番があった。

とってもかっこよかった。とっても嬉しかった。松倉くんのダンスは、パフォーマンスは世界中に自慢したいくらい素敵だった。

夏が終わってもユニット戦国時代は続いているようでユニットばっかりの少年倶楽部だった。ユニットだらけのEXシアターでも、ユニットだらけのNHKホールでも松松が輝いていることはとても嬉しかった。





収録終わり北斗担が「すとの新曲かっこよかったな~」って言ってた。
私は「プリンスのバックのとき!」「平野のバックのとき!」って言ってた。



「松倉くん、ほっくんより出番多かったね」なんて笑いながら言ってたけど松倉くんはバックで北斗はメインだ。



私にとっては誰のバックについていようと松倉くんがメインだけど少年倶楽部のパフォーマンスとしてはバックなのだ。
プリンスのパフォーマンス、平野のパフォーマンス。ジャニストのパフォーマンス。「ジャニーズJr」がお送りしたミッドナイトシャッフルだって松松はバック。セクゾのバドボだってたくさんJrが出てきたけど松松はセクゾとそのJrたちのバックだった。

村上信五が「お前のこと応援してる子からしたら、どこにいてもお前はセンターだ」みたいな話をしてたけど、もちろんそうなんだけど、私にとって松倉くんはセンターなんだけどNHKホールにいたお客さん、放送を見る人たちにとっては松倉くんは、松松はバックだ。


もちろんバックにはバックのよさがある。バックにしかだせないものがある。それはわかってる。
「なんでこの子が少クラに呼ばれないんだろう」っていうJrがたくさんいるなかで少クラに呼ばれているのはもちろん嬉しい。5曲もステージに出させてもらえたのは本当にうれしい。
でも私は今の松松をいろんな人にみてほしい。今の松松のパフォーマンスをいろんな人に届けたい。松松はこんなに素敵なんですよ?松松はすごいかっこいいんですよ?ってみんなに言いたい。そのためにはメインでやらないとだめだ。

バックでも見てくれる人は見てくれている。「自担がいないときに目を奪われた」っていうツイートだってみた。嬉しかった。でも見てくれている人だけじゃだめなんだ。もっともっとたくさんの人に今の松松を見てもらいたいんだ。映像化しない現場でのステージだけじゃだめなんだ。ファンに良さをわかってもらうだけじゃだめなんだ。

ここで立ち止まってたらいけないんだ。





最高のステージをみせることができるって約束ができる。

だから松松のCrazy Moonを少クラでやらせてください。

私は松松担ではありません

私は松松担ではありません。松倉担です。
松倉くんは担当で元太くんは担当ではありません。
2016年のSHOCKは6回行きました。滝沢歌舞伎は行っていません。*1
別々のステージに出演することになったらやっぱり松倉くんを優先します。


きっとみんなそうだと思う。「松松が好き」って言ってたって松倉担なら松倉くんを、元太担なら元太くんをより好きなんだと思う。
その前に松倉担、元太担が松松が好きであるとも限らない。好きである必要もない。
松倉担、元太担ともに「松松が好き」っていう人が多いのが私の印象だし、松松の魅力っていうのをアンケートでとったときもブログやツイートで自担命のJr.担にコンビとして、シンメとして好きにならせるコンビ力というかシンメ力がすごく素敵だな~っていうのを書いた。けど松倉担、元太担全員が「松松を好き」なわけじゃない。

私がよくツイートとかで書く「松松担」っていうのは、私の中では松倉担と元太担を合わせて「松松担」っていうことなので、「松松を担当としている」というわけではない。


「松松が担当です」っていうのが別に悪いわけでもないし、ヲタクなんて趣味なんだから人に迷惑をかけなければ何が悪いとかないと思うんだけど、両方同じだけ好きってすごく難しいというか、あんまりないと思うんだよね。
ステーキとイチゴタルトの優劣ってつけづらいけど、イチゴタルトとチョコレートケーキどっちが好きかっていうの決められるんじゃないかなーと思う。私はどっちも好きだけど、チョコレートケーキを今日食べて、イチゴタルトは明日のお楽しみにとっておくと思う。どっちも好きだけど、やっぱりイチゴタルトのほうが好き。


私は松倉担としてもちろん松松でのステージは大好きだし、松倉くんがSHOCKに出るまでは同じステージでパフォーマンスする松松が当たり前だと思っていた。でも松松としてたつステージじゃなくても素敵なものは素敵だし、好きなものは好きなんだよね。SHOCKはもちろんだし、滝沢歌舞伎は観に行けてないけど歌舞伎のメンバーでバックについた少クラのステージだって好きだもん。2人でステージに立つことが多かったときだって、少クラの松倉くんだけが出てたsummer nude好きだったし、元太くんだけが出てたparty don't stopだって好きだった。松松としてのステージはもちろん好きだけど、別のJr.とのステージだって好きなものは好きだ。


もちろん松松でこれから頑張っていってほしいし、頑張る松松を応援したいし、一緒にデビューしてほしい。でも松倉くんのシンメは絶対に元太くんである必要はないし、元太くんのシンメは絶対に松倉くんである必要もないと思う。








夏の現場のお知らせのメールがきた。「自分には関係がないんだろうな」ってぼーっとしながらメールをみた。
〔Mr.KING〕
〔HiHi JET〕
〔Classmate J〕
ほらやっぱり関係ないじゃん。今年はユニット推しだから私には関係ないじゃん。ユニットにはいってないとダメなんでしょ?知ってるよ。






〔天才Genius〕本高克樹・村木亮太・菅田琳寧 松田元太・松倉海斗





松田元太・松倉海斗

この並びだって思った。


あーこの並びだよ!

松松は天才にはいったの?とか、琳寧と元太くんの間に・がないとかそういうことじゃなくて、松倉くんのシンメが元太くんである必要とか、元太くんのシンメが松倉くんである必要とかそんなことどうでもよくて「この並びだ」って思った。

堂本光一からはじまる名前の並びにあった松倉海斗
滝沢秀明からはじまる名前の並びにあった松田元
どっちだって大好きだし嬉しかった。

でもやっぱり松田元太・松倉海斗この並びだな~って思った。

嬉しいとか、落ち着くとかそういう表現よりも「この並びだ」っていう表現がしっくりくるかなと思う。



ずっと隣にいなくてもいいし、ずっとシンメじゃなくたっていい。
Jr.だからこそいろんな人と踊ってほしいしお仕事をしてほしい。

でも、定期的に松田元太・松倉海斗の並びをみせてほしい。そう思いました。




松倉担とか松田担とか松松担とかそれ以外のJr.の担当とか担当はいないとか掛け持ちとかデビュー組の担当だとかそんなことはどうでもいい。松松が好きなみなさん!一緒に夏を楽しみましょう!








*1:滝沢歌舞伎だって行きたかったよ。行けなかったけど。あと、ちなみに松倉くんが出演するステージに関しては「担当だから行かなくては」という気持ちでは行きません。観たいから行きます。行きたいから行きます。私のなかでヲタクはmustでするものではなくwantでするものです。まあ、行きたいと思っていても行けないものもたくさんあるんですけどね。

本屋さんに行ってきました

美容院に行ってきました。
ここでこの記事はジャニーズ的要素少なめでお送りすることをお伝えしておきます。あらかじめご了承ください。



約半年ぶりに美容院に行ってきた。
髪色が明るかったときは基本3カ月ペースで行ってたが黒に染めてもらって、根元から地毛が生えても目立たなかったので美容院ずっとさぼっていた。悲しいかな、髪の毛の量も全然増えないから行く必要がないんだよね。コッシ―のハゲネタ全然イジれない。就活に向けてまた黒に染めてもらいました。黒髪嫌いじゃないんだけど髪色を明るくしたい。ブリーチしたい。ふうまろちゃんみたいな髪色にしたい。


美容院の後に本屋さんに行ってきました。
紀伊国屋新宿本店に行ってきました。

私、最近読書ブームが再来していて2016年の目標っていう記事にも本をたくさん読むって書いたけど最近はずっと大学の図書館で借りた本を読んでいた。図書館だったらタダだし、返却期限っていうものがあるからこの日までに読まないとっていう目標ができて読めていたんだと思う。ちなみに前は兄から借りてた。ほら、借りるのならタダだし。
(2016年の目標の記事はこちら)
miyujcon.hatenablog.com

でも、なんか本を手元に置いておきたくて、これから少しずつ本を買うことにしようと思った。おもしろい本に出会ってまた読みたいとか人にオススメしたいときに本が手元にないのってもったいないというかなんだか嫌だな~と思って。今はドル誌がいっぱいの本棚で小説は多分10冊もないんだけどこれから小説がいっぱいの本棚にしたいな。

だから紀伊国屋新宿本店に行ってきた。前に紀伊国屋新宿本店に行ったときに「QUOカード使えます」っていうのを見て大学のオープンキャンパスに出たときに大学からもらったQUOカードの存在を思い出した。なぜか財布に入ってなくてその時は使えなかったんだけど、家で必死に探したら3000円分のQUOカードが出てきた。これで本を買おうと思い今日紀伊国屋新宿本店に向かった。

購入した本はこちら
f:id:miyujcon:20160125185543p:plain


何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

まずは朝井リョウさんの『何者』
これは大学の図書館で借りて1回読んだことがあるんだけど、とにかく面白くて手元に置いておきたいという理由で購入。タイプライターズという番組をきっかけに『武道館』を読み朝井さんにはまった私は、大学の図書館で手当たり次第に朝井さんの本を借りた。その中で『何者』が一番印象に残っていて、友達にも朝井さんの本面白いから読んで!ってオススメするなら『何者』を勧めると思う。また読み返したい。から購入した。





そして朝井リョウさんの『時をかけるゆとり』
朝井さんのエッセイ集。これは私が『武道館』読み終えたときにツイートした↓
このツイートに対しフォロワーさんがオススメしてくれた本。読みたい読みたいと思ってのだが大学の図書館になくて読めていなかったので今回購入。
(ちなみに大学の図書館に置いてある朝井さんの本は全部読んだ)






そして加藤シゲアキさんの『ピンクとグレー』
前々からシゲの作品は読みたいと思ってたんだけど買うきっかけになったのは松倉くん。「最近のマイブームは読書」「ピンクとグレーを読んでる」「芸能界が舞台の作品だから親近感が湧いておもしろい!」なんで雑誌で話されたらもう買うしかないでしょ?ということで購入。私には松倉海斗を超える宣伝なんてないからね。CMに起用してください。映画も公開したし、原作を読んで、映画のレンタルが始まったらTSUTAYA DISCASでDVD借りてお家でゆっくり観よう。




そして七月隆文さんの『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
これは雑誌で颯くんが話していた本。そして、なんか私のお友達にも何人か読んだ人がいるみたいで気になったので購入。紀伊国屋新宿本店の売り上げランキングみたいなのも2位か3位だった。これも実写化するみたいだね。読むの楽しみ。





そしてブックカバーを購入。大学1年生のときに買ったやつがどこかにあるんだけど、好みが変わって今はあまり使いたくないので新しいのを購入。なんか本革らしい。本革だから何なのって話だけど長く使えそうでシンプルだから購入。入れているのは大学で借りた伊坂幸太郎さんの『死神の精度』。ちなみにこの前久々に帰ってきた兄に聞いたら兄が持ってて家にあるらしいから借りる必要なかった。




そして下に隠しきれなかった

ダンスク先輩。いや、自担は載ってないんですよ。自担が載ってないのにこういうお値段の高い雑誌を買うのは貧乏クソ学生ヲタクとしてどうかと思うんだけど、ふぉ~ゆ~ちゃんのかっこよさに我慢できずに購入。あ~かっこいい。まあすのの徹底解剖ちょうどダテ様だしいいとするか(?)小説がいっぱいの本棚に出来るかもしれないけどきっとドル誌がいっぱいの本棚も卒業できない。





この5冊+ブックカバーを購入して、電車に乗り最寄駅に到着。
改札近くで何やら揉めていて女の人が大声で怒鳴っているのチラ見しながら改札を通過し、最寄り駅にある本屋さんにいって朝井リョウさんの『世にも奇妙な君物語』と又吉直樹さんの『火花』の前を何度か往復して「とりあえず今日買ったやつ全部読んだら考えよう」と思い、自転車に乗り家に帰りこのブログを書いている途中で気づいた。









Myojo買ってない。